ユーロポート大展示会 秋場所

小型昇華プリントシステム

︿

ユーロポート株式会社で扱っている商品のご紹介をしていきます。

  1. プロモーションTOP > CFL-605RT >
【 突撃!フラットベッドカッティングプロッター CFL-605RT 】

titlecfl_03

ユーロポートには様々なカッティングプロッターがありますが、シートフィード(グリットローリング)タイプの
ものがほとんど。
フラットベッドタイプはなかなか目にする機会も少ないのではないでしょうか。

 

 

通常、カッティングプロッターは普通のものは最大カット圧は500gほど。
中型プロッターだとVC-600が600gfと最高クラス。
カットできる厚みも最大のもので0.8mmまで。1mm以下が限界のようです。

今回ご紹介するCFL-605RTは最大カット圧が1.5kg、最大カット圧が10mmと群を抜いています。
この違いにはいったいどこにあるのか・・・

 

というか、そもそもシートフィードとかフラットベッドとかどういう違いがあるの?
フラットベッドカッティングプロッタ CFL-605RTってどんな機械なの?
どんなものがカットできるの?

そんな疑問にお答えしましょう。
フラットベッド特有の使い方やカットの違い、使い方次第で新しいビジネスの切り口が
見えるかもしれない…

これを読んで、フラットベッドカッティングプロッタ CFL-605RTに一歩近づけるかも!

 

 

    • 目次

 

 

 

 

 

 

 

 

CFL-605RTの特徴

では早速、

 

こちらがミマキエンジニアリング社製
小型フラットベッドカッティングプロッタ CFL-605RT。

cfl_001

 

小型といってもやはりフラットベッドタイプ。
大きさはオフィスにあるようなデスクを想像してみてください。
あれが2つ分。
そこそこ大きいです。

そこにヘッドと真空吸着機がのっています。

 

cfl_002

こちらがヘッドのユニット部分。
CFL-605RTはAとBの2つのユニットに分かれていて、それぞれ取り付けるツールが異なります。

 

cfl_003

 

奥側がAユニット

主に通常のカット用に使用します。
偏芯カッターボールペンが装着できるユニットです。

そして手前がBユニット

こちらには罫引き用ローラータンジェンシャルカッターレシプロカッターが装着できます。

それぞれのユニットで装着できるカッターは、そのユニットでしか使用できず、
たとえば罫引き用ローラーユニットAに装着する・・
ということはできません。

 

cfl_004

これがCFL-605RTに装着できるカッターたち。詳しい説明は後ほど。

 

 

cfl_079

 

そしてふたつのユニットに向かって右側にあるこの白い部分。
ここがトンボ読み取りのセンサーです。

CFL-605RTは印刷されたトンボマークを読み取って正確にカットしてくれる
「プリント&カット(トンボカット)」も標準装備♪

 

printcut_03

 

さらに、本体向かって左上。
操作パネルです。

 

cfl_088

右側の赤いボタンは「EMERGENCYスイッチ」
緊急時や強制的に電源を落とす際に押します。早押しボタンではありません。

 

 

そして操作パネルの下。足の部分にある黒いユニットが真空吸着機

 

cfl_073

 

みんなだいすき真空吸着機です( ˘ω˘ )


でも、真空吸着機なんて何に使うんでしょう?

 

cfl_005

 

さらにその左、側面にロールシート置台のような装置がありますがそこに乗っかっている
この透明なロールシートが吸着シートです。
やっぱり何に使用するシートなのでしょう・・・?

そのひみつはまとめて第4章でご紹介。

さて、CFL-605RTの簡単な説明はここまで。
フラットテーブルと2つのユニット、真空吸着機。
通常のカッティングプロッターとはひと味もふた味も違う感じがします。

はたしてこのCFL-605RTを攻略できるんでしょうか。
早くも中ボス登場の予感です。

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

シートフィーダーとフラットベッド

cfl_rs_03

カッティングプロッターは大きく分けて2つあります。
ひとつはシートフィード(グリットローリング)タイプ、もうひとつはフラットベッドタイプ。

シートフィード(グリットローリング)タイプのプロッターはユーロポートでもおなじみの
小型・中型プロッターなど。
家庭にあるようなインクジェットプリンターもシートフィードタイプですね。
紙やシートが送られていく過程でカットしたり、プリントしたりします。
たとえ大型なものでも奥行にあまり余裕がなくても省スペースでの設置が可能です。
けれどシートを固定する箇所がピンチローラーの部分に限られるので、カットのズレが生じたり、
厚みのある素材はカットができないなどの弱点もあります。

 

フラットベッドタイプはのカッティングプロッターは、全自動カッターがついた大きな
カッターマットのようなもの。
大きなサイズの素材を切るためにはその素材を置ける平面台が必要となるので、その機械自体も
大きくなりがちです。設置する場所に余裕がないと当然置けません。
ですが、素材を動かすことなく安定した場所で作業が出来るので品質も高く、高い圧力がかけられ、
厚物のカットもできます。

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

 

カットの違い

冒頭で少し触れましたが、CFL-605RTは1台で4役をこなすマルチカット対応のカッティングプロッターです。
いったいどんなカットができるのでしょう。
それぞれのカッターの種類毎にご説明します。

 

偏芯カッター

cfl_067

おなじみ偏芯カッター。
1mm厚までの素材のカットができ、圧力も1kgまでかけられます。
塩ビシートやフィルムもこのカッターでカットします。

さてここで、左から白・白黒・黒の3種類のホルダーがありますが、白黒・黒の違いは特にありません。

が、真っ白のホルダーだけは使用の際、フェルトマットを使用します。
というか、フェルトマット使用の際はこの白いホルダーのものしか使えません
白黒・黒は緑色のカッティングマット用。

cfl_078

こちらがそのカッティング用のマットですね。
フェルトマットは緑色のカッティングマットを下に敷いて、その上に敷いて使用します。

 

 

 

ボールペン

cfl_068

ザ・ボールペン。
作図する際に使用します。

 

 

 

タンジェンシャルカッター

cfl_082

このなかでは一番厳ついボディ。
名前からもう強そう。

最大2mm厚までの素材のカットができ、カット圧も1.5kgまで上げることができます。
600g/㎡までのコートボール、段ボール、発泡ボードのカットに最適。
「タンジェンシャルカット」は押し切りをするカット方法のこと。

bunbougu_cutter

カッターナイフの刃を思い出してみましょう。
私たちは普通カッターで紙などを切る際、刃は手前に向かって引きますよね。
タンジェンシャルカッターは常に刃先をモーターで自動制御して進行方向に向けてカットする方法です。
簡単に言えば全自動カッターナイフです。

 

罫引きローラー

cfl_083

厚紙などを無理に折り曲げると、硬くて折り曲げられなかったり、素材自体が傷ついてしまうことが
あります。
そうならないように折目の線を入れるのですが、その線を入れるのがこの罫引きローラーです。

ピザ用のカッターみたいです。

でもカッターじゃないので素材は切れません。

 

 

レシプロカッター

cfl_084

刃が長い。
とにかく長い。
もはや刀!

これがレシプロカッター。
上下振動をすることによって厚さ10mmまでの段ボールやウッドラック、ウレタンフォーム(スポンジ)などの素材がカットできます。

ミシンの針がこのカッターになったようなものです。
1分間に最大約3,000往復するので、使用時の音もそれなり。

 

 

以上CFL-605RTでできる!簡単カッティング講座でした。
違いはお分かりいただけましたか?
小型ながら1台で4役をこなす頼もしさです。

でもこれだけじゃないんです。

CFL-605RTはヘッドの構成を組み合わせることによって複数のカット工程を行うことができます。

たとえばAユニットに偏芯カッター、Bユニットに罫引きローラーをセットすることによって、
カット開始から終わりまでの工程を止めることなく罫引きとカットができるようになるのです。

うーん・・・イマイチピンときませんね。

というわけで実際にカットしている様子をお見せしながらご説明しましょう。

 

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

カットを始める前に

 

実際に素材をカットする前に下準備をしておきましょう。
フラットベッドタイプのカッティングプロッターはシートフィートタイプと異なり素材を押さえる
ローラーなどがついていません。
そこで登場するのがこちらの真空吸着ユニット。

cfl_073

 

軽い素材や薄手の素材がカット中に浮き上がってしまうのを防ぐために使用します。
おもりが置けないのでテーブル部分に吸着させて固定させるわけです。
もうなんとなく気づいてましたかね。

 

 

 

cfl_074

フラットテーブルのカッティングマットをめくるとこんなかんじ。
無数の穴が空いています。
ここから空気を吸い込んで素材を固定させるんですね~

でも素材が乗る部分以外も穴があいているから、吸い込む力は弱くなってしまうのでは??
布団を圧縮袋にいれて掃除機で吸いこんでも、穴が空いていると意味がありませんよね。

 

そんな時に、この吸着シートの登場なのです。

cfl_005

では素材の固定の仕方をご紹介。
やり方は簡単。

cfl_006

まずテーブルの上にカットしたい素材をおきます。

 

 

 

cfl_007

吸着シートを引っ張りだします。

 

 

 

cfl_008

ヘッドの下をくぐらせて白いフェルトのマットを完全に覆うようにおきましょう。
周りにあるちいさな隙間も空気穴なのでここもふさいでしまいます。

 

 

 

cfl_009

左上にある「VACUUM」を押します。

 

 

 

cfl_010
吸い付いてます。

ちょっと分かりづらいですが、素材とテーブルとシートがぴったり密着していますね。

cfl_011
密着しているのを確認したら、素材の上にかかっているシートを切り取ってしまいましょう。
カッターを素材の端に合わせて切っていきます。

 

cfl_012

 

 

これでちょっとやそっとでは動かなくなりました。

cfl_013

 

というわけで素材が固定できてカットの準備が整いました。
今度こそ、実際にCFL-605RTでカットしてみましょう。

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際にカットしてみた その1~厚紙~

 

さてまずは通常のカットでお菓子のパッケージを作ってみたいと思います。
こちらが印刷済みの厚紙。

cfl_081

コートボール300g/㎡くらいはあるでしょうか。けっこうな厚みの紙です。

折り曲げるところもあるので罫引きも一緒にやってしまいましょう。

というわけで、Aユニットに偏芯カッター、Bユニットには罫引き用ローラーをセットしています。
罫引き用ローラーを使用する際はフェルトマットを使用しますので偏芯カッターは真っ白のものを
使用します。

 

さて、カットする前に、必ずテストカットをしましょう。
操作パネルが<ローカル>の状態から【TEST】キーを押します。

 

 

cfl_016

 

▲▼で「A」か「B」かユニットを選ぶので「A」を選択します。
「A」を選んだらカッターの種類を選択します。

A:ヘンシンカッター
になっていたら「ENTER」でテストカットが開始されます。

 

 

cfl_015

きれいに切り抜けていたらOK。

テストカットが完了したら、トンボの原点を合わせましょう。

 

button

 

 

<ローカル>モード時に【END】を押すとトンボ検出モードになります。
操作パネルの↑のボタンでヘッドが移動するので原点にまで動かしておきます。

 

cfl_079

さて再び登場トンボ読込センサー

 

 

ここでセンサーの焦点をあわせておきます。
読取センサーの手前のレバーを押さえるとセンターが下にさがります。

cfl_072

厚みが異なる素材をカットする際このセンサーの高さを調整してください。
下にさがったままで厚みが10mmもあるものをカットするとセンサーが当たって破損してしまう
場合があります。

【REMOTE】キーをおすとライトポインタが点灯するので、トンボに対して焦点を合わせます。

syouten
焦点が合っていないとトンボ検出の際にうまく読み取れません。

cfl_017

 

高さを決めたら手前のつまみを回して固定します。

point

ポインタの位置を確認しながらトンボの真ん中にくるようにヘッドを移動させます。

原点を合わせたらペンの番号にそれぞれ各ツールを割り付けます。

たとえば 

1・・・A:ヘンシンカッター
2・・・B:罫引きローラー

 

のように設定しておくと1・2の設定で一度にカットができるようになります。

 

さて今度はPCへ。

 

cfl_018

 

イラストレーターのデータを開き、罫引きとカットをそれぞれレイヤーごとに分けておきます。
イラストレーター上からFine cutを立ち上げ、レイヤーごとにツールの設定をしておきます。

「カットレイヤー」が1、「筋押しレイヤー」が2となっているのがわかるでしょうか。
これは先ほど本体側で割り当てたカッターの種類が設定されているか確認できます。

これが確認できたら【プロット】を押します。

カットがはじまります。

 

まずはトンボを読み込むところから。

 

 

cfl_019

 

 

トンボを読み終わったらまずBユニットの罫引きローラーが筋入れを始めます。

 

 

cfl_021

cfl_020

 

 

罫引きが終わったらカットがはじまります。

 

 

cfl_022

 

奥側Aユニットにある刃が動作しているのがわかるでしょうか。

 

 

cfl_023

カット途中の様子。

カットされている部分と折目がついているところが見えます。

 

 

cfl_024

さてカットが完了しました。

cfl_025

きれいに切り抜けていますね^^
組み立てればパッケージが完成です。

 

 

 

cfl_069

 

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際につくってみた その2 ~透明フィルム~

さて次はこちらの透明PETフィルム。300g/㎡くらい。
なかなかの厚みがあります。

 

cfl_080

今度もこちらをカットしてスマートフォンケースのパッケージをカットしてみます。
同じく折目をつけるのですが透明フィルムは硬く、罫引きができません。
なので圧力の弱い設定で少し切れ目を入れることで折目を作ります。

ので今回はAユニットの偏芯カッターのみを使用します。

 

 

cfl_026

さて、テーブルにセットできたらこちらもまずはテストカットをしましょう。

 

 

 

cfl_028

切り抜く設定と、圧力の弱い切れ目を入れるテストをします。
問題なさそうだったら原点をあわせます。

 

 

 

cfl_029

 

さっきトンボを読み込む際はセンサーで原点を合わせていましたが今回はトンボもないので
偏芯カッターの上の部分を押さえて刃が落ちるところに合わせます。

セットできたら<REMOTE>を押します。
準備完了。

さて再びPCへ。
illustratorの画面。
レイヤー7が罫引き用、レイヤー5がカットラインになっているのを確認しましょう。

 

 cfl_030

 

 

で、ここからそのままFineCutに移動。

 

cfl_031

 
それぞれのレイヤーに各ツールの設定を割り当てています。
この場合レイヤーの7(折れ目)には圧力の軽い設定。
レイヤー3のカットラインには通量の切り抜きの設定になっています。

確認ができたら【プロット】を押します。

 

 

cfl_032

カット開始~~透明だとなかなかみにくいですが、設定したとおり圧力を切り替えてカットしています。

 

 

 

cfl_033

 

cfl_034

さてカットが終わりました。
組み立ててみましょう。

 

cfl_035

 
iPhoneケース用ののケース、ブリスターケースができました!
オリジナルのiPhoneケースを作成して販売するときなど、こういうケースに入れておくと商品っぽさがでます。

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際にカットしてみた その3 ~厚みの限界に挑戦~

 

 

さて、いよいよCFL-605RTの真の姿をお見せするときがやってきました。
10mm厚の素材をカットしてみたいと思います。

cfl_086

ウレタンのスポンジ~~!

 

cfl_087

横から見たらこんなかんじ。

なかなかの厚みですね。

というわけで、ここでこれまで偏芯カッターでカットしてきましたが、ついにこのレシプロカッターの出番です。

 

 

cfl_084

 

レシプロカッターはBユニットにしか装着ができないので、Bユニットについている罫引用ローラーと
交換します。

交換の仕方は簡単。

 

 

cfl_038

 

 

専用の六角レンチでカッターホルダーの上部にあるネジを緩めるとカッターがはずれます。
で、取り付けるときもカッターをはめたらネジを締めるだけです。

 

 

 

cfl_077

 

cfl_076

 

さらにレシプロカットの際は上下振動で素材をカットするのでカット中に素材が浮き上がるのを
ふせぐための押さえをとりつけます。
それがこちら。
今回は左側の下が黒い方を使用します。

 

 

 

cfl_041

カッターの交換ができたら準備完了。
早速カットしてみたいところですが、まずは試しにこちらの発泡ボードを切ってみましょう。

cfl_042

透明フィルムをカットしたときと同じように、原点を決めたらテストカットをします。

 

 

cfl_044

問題なくカットできたら、PC側からカットしたいデータを送信してカットしてみます。

 

 

cfl_045

cfl_046

きれいにカットできてますね。
5mmくらいの発泡ボードなら朝飯前といったところ。

では今度こそ本番。

 

 

cfl_048

 

今回は通気性のある素材なので吸着シートをかぶせたまま、切り抜かずにカットしたいと思います。

 

 

 

cfl_050

 

テストカットしました。
サイコロみたいなものが切り抜けました^^
どうやら問題なさそうです。

そいうわけで、

 

cfl_051

PCの画面から同じようにカットしたいデータを送ります。

 

cfl_052

カットしています。
とてもそんな風には見えないですがこのカットしている間に何十、何百回も振動しています。
速すぎて止まっているように見えるとはまさにこのことかもしれません。

 

cfl_053

さてカットが終わったようなので確認してみましょう。
厚みがあるので掘り出してるみたいです。

cfl_054

き、きれてる~~~~~!!!!!!!!!!!!!

その日一感動した瞬間でした。

なんだか硯のようなものが出来上がってしまいましたが、これを

 

 

cfl_055

前回作成したiPhoneケースを用意して

 

cfl_056

こうすると、ブリスターケースの緩衝材ができました~
製品っぽさ、でてきました?

 

▲目次に戻る

 

 

おわりに

さて、今回はフラットベッドカッティングプロッター CFL-605RTをご紹介しました。
今回の内容はまだCFL-605RTの実力のほんの一部。
AユニットとBユニットに取り付けるツールの組み合わせや設定の仕方で作れるものは広がるかと
思います。

フラットベッドカッティングプロッターってこんなんだ!
こんなに分厚いものも切れる!
CFL-605RTってこんな使い方ができるんだ!

すこしでも皆様のビジネスの参考になればと思います。

では最後に、

せっかくここまできたら、iPhoneケース用のブリスターケースを本物っぽくしてみた様子をご覧いただきながらお別れいたしましょう。

 

cfl_058

こちら、UVプリンターでプリントした透明PETフィルム。
一緒にトンボもプリントしています。
刃の設定などは6章と同じ。

 

cfl_059

PC側からデータを送信してトンボを読み取ります。

 

cfl_060

読み取れたらそのままカット開始。
切り抜くところと折り曲げるところの設定も自動で切り替わっています。

 

cfl_061

カットが完了したので、切れているかを確認してみましょう。

 

 

 

cfl_062

きれいに切れています^^
このフィルムは表面保護用に薄いフィルムが貼られているのですがそこもきれいに残っています。

というわけで組み立てます。

 

cfl_063

組み立てたら、表の窓が空いているところに同じように透明のPETフィルムを貼り合わせました。

そして先ほどカットした緩衝材をはめて・・

cfl_064

cfl_065

 

今度こそブリスターケースができあがりました^^

kansei

前回のパシェルで作成したiPhoneケースをいれて完成です♪

 

 

 

▲目次に戻る