小型昇華プリントシステム

MAGIC BOX

︿

ユーロポート株式会社で扱っている商品のご紹介をしていきます。

  1. プロモーションTOP > フードプリンター > NE-210S >
【 突撃!フードプリンター! 】

food_title_03_03

普段何気なく口にするお菓子や、お土産にもらうお菓子に、お店のロゴやイラストがプリントされているのを
見たことはありますか?
最近はケーキなどにもアニメのキャラクターが印刷されていたり、お店によってはお誕生日のケーキに
写真を印刷するサービスを行っているところもあります。
これらはフードプリンターで、食べられるように開発されたインクを使ってプリントされているもの。

食べられるインクってなんだろう・・・ほんとに食べても大丈夫なのかな・・・?
どんな方法で印刷されているんだろう?
どんなお菓子に印刷ができるんだろう?

そんな悩みや不安をおいしく解決!
今回は、NE-210SとNE-300Fの2つのタイプのプリンターで可食プリントの世界をご紹介しましょう。

 

 

 

    • 目次

 

 

 

 

 

 

 

 

フードプリンターの特徴

フードプリンターのプリント方法は2種類。
可食フィルムにプリントして食品にはりつける方法と、直接食品にプリントをする方法。
食べ物に熱を加えることなく、非接触での印刷ができるため凸凹した素材でもプリントでき、衛生面的にも安心。
パソコンからデータを送っての印刷なので焼きゴテや版下が必要なく、1個からでも簡単に印刷ができます。

food

現在取り扱いのある主なフードプリンターは上図のとおり。
NE-210S以外はフラットベッドタイプ。
A4サイズとA3サイズに大きく分かれ、それ以上の大きさですとMMP8240F-BCのようにベルトコンベア式になります。

 

▲目次に戻る

 

 

NE-210SとNE-300F

NE-210SとNE-300Fはどちらも印刷できる範囲はA4サイズ。
ふたつの違いはプリント方法。
NE-210Sは可食シートに印刷をしたものを食品に乗せる方法でプリントをしますが、NE-300Fは食品に直接プリントをします。
さらにNE-300Fは可食シートの印刷もできるのでどちらの方法にも対応できます。

 

NE-210S

 

NE-300F

▲目次に戻る

 

 

プリントできるもの

NE-210Sでプリントする場合、可食シートにプリントしたものを食品に乗せるので、
ケーキやキャンディにプリントをすることができます。
また下地の色に影響を受けないのでチョコレートケーキなど色の濃い物にもプリントが可能です。

対してNE-300Fは食品に直接プリントができるプリンター。
クッキーやガム、マシュマロ、せんべいなど、厚みのあるものにもプリントできます。
ただし下地の色が濃い物ですと影響を受けて色が変わってしまいます。

可食シートに印刷することもできるので、NE-210Sと同様にケーキやキャンディにもプリントができ、
用途に応じて使い分けることができます。

print_food_03

 

▲目次に戻る

 

 

可食シートと可食インク

フードプリンターで使用する可食シートとインク。
どちらも口にするものなので、食品衛生上認可されたものしか使用はできません。

もちろんお客様もどんな成分で作られているかが分からないと安心できませんよね。
というわけでここでは可食シートと可食インクについてお話をしましょう。

food_0000_67

こちらがNE-210SやNE-300Fで主に使用される可食シート。
デンプンやグリセリン、セルロースを主成分としたシートです。

シールのように印刷した後は裏紙をはがして使用します。

food_0000_68

 

さらに裏紙が両端に2cmほどのはみ出しているのでシートに直接触れずにプリンターにセットすることができます。

food_0013_51

 

 

ここでせっかくなのでユーロポートのフードマスターまついさんに可食シートを実際にたべていただきました(^ω^)!

food_0000_65

 

いかがですか、まついさん。

 

「・・なんとなく甘い・・?」

 

なんとなく甘いそうです。

 

 

 

さて次は可食インク。

food_0000_66

この可食インクは2種類あり、一つは合成色素、もう一つは天然色素。

合成色素は青色1号だとか赤色3号だとかのいわゆる着色料。
長期保存ができ、印刷もくっきりとして再現度も高いインクです。

 

 

天然色素は天然のインク。
その名のイメージから自然派であったり化学合成材不使用とうたうもの、
百貨店などではこちらのインクが使用されることが多いです。
保存できる期間は短く、印刷もすこし薄い結果になるのが特徴です。

 

それぞれのインクを入れ替えて使うことはできないので、どちらのインクも使用する場合は
プリンターが二台必要になってしまいます。

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際にプリントしてみた その1~NE-210S~

 

さてフードプリンターの違いやシート・インクのことを知っていただいたところで、
いよいよ実際にプリントをしていきたいと思います。

まずはNE-210Sで可食シートに印刷。

やり方はいたって簡単。
一般家庭にあるようなインクジェットプリンターと同じです。

food_0019_45

こちらがNE-210Sですね。
後ろのトレイにシートをセットします。

 

food_0018_46

イラストレーターなどのアプリケーションから印刷したいデータを呼び出して「印刷」をします。

 

food_0017_47

 

印刷画面でNE-210Sのドライバを選択して「プリント」を押します。
印刷が始まりますよ~

 

food_0016_48

food_0015_49

 

food_0014_50

 

はい。

あっというまでしたね!
家庭用プリンターを使い慣れている方ならすぐに使いこなせてしまいます。

違うところはインクもシートも食用なので長期間使わないときなどは冷蔵庫で保管しなくてはいけないところでしょうか。
さてシートに印刷できたところで、デコレーションは後ほど。

次はNE-300Fに参りますよ~

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際につくってみた その2 ~クッキー&ビスケット~

 

さてこちらがNE-300F。

 food_0024_01

この銀色のボディが業務用の冷蔵庫を彷彿とさせますね。

 

 

まずテーブルにA4の紙をセットします。

food_0002s_0008_02

 

food_0001s_0022_11

いよいよクッキーとビスケットを印刷するのですが、このままだとどこに印刷されて、
どこに食品を置けばいいのか分かりませんよね。

というわけでまず食品を置くための目印を印刷します。

 

food_0001s_0021_12

 

プリントしたいクッキーやビスケットの大きさに合わせた円を並べます。

 

そのまま印刷。

 

food_0001s_0020_13

プリントを押した後プリンター本体の▲「LOAD」を押します。
どちらを先に押しても大丈夫です。

 

food_0001s_0018_15

さて、A4の紙に食品の型が印刷されましたね。

ここの中に食品を並べていきます。
同じ高さの食品を順番に印刷するのでまずはビスケットから。

 

food_0001s_0016_17

ビニール手袋などして並べていきましょう。

 

並べ終わったらヘッドからの高さを調整します。

food_0001s_0015_18

 

こんな棒を置きます。
横から見た図↓

food_0001s_0014_19

棒とビスケットが接触しない高さに手前のつまみを回して調整します。
棒をスライドさせて当たらなければOK。

 

では印刷をしましょう。
ビスケットに印刷するデータを呼び出して「印刷」。

food_0001s_0013_20

food_0001s_0012_21

印刷ダイアログになるとプレビューがひっくり返ってしまっていますがこれで問題ありません。
NE-300Fの場合私たちが見ているプレビューが機械側から見た角度になるようです。

 

というわけで「プリント」を押します。
押したら▲「LOAD」
印刷中ヘッド部分のカバーが開けられるので覗いてみましょう^^

 

 

 

\パカッ/

food_0001s_0011_22

・・・・ん?

 

 

food_0001s_0010_23

 

 

ンンンずれてる・・・・?!!(゜llll゜)

 

 

 

 

そう、ズレます。

NE-300Fは実は印刷スピードが速くプリントヘッドが動くたびにテーブルも押し出されてくるのですが、
それが勢いがありすぎて最初に置いた位置から食品がずれてしまうのです。

測ってみるとだいたい1cm。
結構ずれます。

 

通常は動かないよう固定用のマグネットを置くのですが、今回用意ができませんでした(;;)

なのでしかたなく

food_0001s_0009_24

割り箸で固定。

 

ビスケットは前に押し出されるので割り箸を並べたビスケットに沿って固定しました。
気を取り直して再度印刷。

 

のぞいてみると・・・

 

food_0001s_0007_26

どうやら動いてなさそうですね(^.^)ホッ

 

food_0001s_0006_27

というわけで印刷完了です^^;

food_0001s_0005_28

先ほどのようなずれもなく印刷されています~。

本来は固定用マグネットがあるのでそちらをご使用ください。
今回は苦肉の策です苦笑。

 

で同じ要領で今度はビスケット。

food_0001s_0004_29

同じように並べました^^^^^

で、また高さを調整しましょう。
棒がクッキーに当たらなければOK。

food_0001s_0003_30

 

というわけでクッキーのデータを印刷しましょう。

チラッ

food_0001s_0001_32

food_0001s_0000_33

 

できました!
ロゴとかはとってもきれいですね~

ただ食品の端っこがちょっとこんがりしたものなのでちょっと色が暗い・・^^
凸凹なので写真などはちょっと難しそうです。

こんな感じで下地の色にも影響を受けてしまうのでなるべく薄い色の食品がよさそうです。
ちなみにこのクッキーはお馴染みの(MOO● LIGHT)です。

 

▲目次に戻る

 

 

実際にプリントしてみた その3 ~マカロン~

NE-300Fは5cmまでの厚みのものにも印刷ができます。
なのでマシュマロみたいなちょっと高さのあるものもできるのです。

なのでここはマシュマロ・・・・!
と思ったのですがどうせならもうちょっと変わったものがいいかなということで、
マカロンにプリントしたいと思います(^~^)
もはや古川の勝手な思い付きです・・・

早速マカロンを調達。

大きさを測ってマカロンの大きさの円を印刷したらそこにマカロンを並べましょう。

 

food_0000s_0005_35

予算の関係で4つです(-ω-)
ビスケットの時と同様に、マカロンの手前を割り箸で固定しますよ。

 

food_0000s_0004_36

さてここからマカロンにプリントをする際の難しいところなのですが、高さの調整をしています。

どうでしょう、わかりますか・・?

高さが違うんです。

市販のマカロンは中のクリームの量や表面の部分の凹凸加減で個々の高さが違います。
ここは同じくらいの高さのもの同士印刷して・・といきたいところですが、一気にやってみましょう。

 

マカロン用のデータを呼び出したら印刷をします。
上からのぞいた様子。

food_0000s_0003_37

food_0000s_0002_38

 

 

印刷完了です。

 

food_0000s_0001_39

一個だけ高さが違った黄色もきれいに印刷がされています。

緑色が少しぼやけてしまったようですが、茶色のマカロンにプリントした絵柄は
細かい毛並みまできれいにプリントができました^^

food_0000s_0000_40

 

 

▲目次に戻る

 

 

 

 

実際にプリントしてみた ~番外編~

冒頭でもお話しましたがNE-300Fは可食シートにもプリントができます。

というわけで早速やってみましょう。

food_0023_41

 

いつも食品を置くためにプリントしているA4用紙を可食シートに変えるだけ。
若干シートの方がテーブルより大きいため両端の裏紙を少しカットしています。

food_0022_42

プリントしたいデータを呼び出してそのままプリント。
▲「LOAD」を押すと印刷がはじまります。

ちらっ

food_0021_43

印刷できていますね。

food_0020_44

印刷完了~!

 

もし印刷した状態がちょっと薄かったりやにじんでしまっている場合などは、

food_0000_69

↓こちらのつまみを回して調整してみてくださいね^^

food_0000_70

 

 

▲目次に戻る

 

 

おわりに

さて、今月は最近人気急上昇中のフードプリンターに突撃してみました^^
可食プリントの世界、いかがでしたか?
プリンターというと紙やシールなどに印刷をするものがほとんどですが、食品に印刷できるというのは面白いですよね。
今回ご紹介した二機種はフードプリンターのほんの一部ですが、お店の商品にちょっとした付加価値をつけてみたり、
お客様のご要望にあわせてオリジナルプリントのお菓子をつくることができます。
印刷最大厚みが10cmをこえてくるものになると、ロールケーキにそのまま印刷ができたり、ラテアートのように
カフェラテのミルクフォームの上にプリントできたり・・・と、そんなプリンターも続々と登場しているようです。

ホールケーキに今後はお客様のご要望にあわせてオリジナルのプリントケーキのサービスを始めたり、
お土産品に地元のキャラクターなどを印刷して新しい商品として売り出したり、
最近ではアニメ系のキャラクターとコラボをしたりするコンセプトカフェが人気だったりと、年々需要が高まっています。

実際にプリントしているところを見てみたいという方はぜひユーロポートにご相談ください^^
来月突撃する機械はどんなものになるでしょう?

お楽しみに~!

 

 

最後に、NE-210Sで印刷した可食シートを使ったケーキを完成させてしまいましょう~。

 

food_0012_52

フードマスターまついによる生クリームの泡立て↑

food_0011_53

泡立てた生クリームをスポンジにぬります。

 

 

food_0010_54

印刷したシートをキッチンばさみで丸く切り抜いて裏紙をめくります。

 

food_0009_55

乗せました。

 

food_0008_56

さらに生クリームをのせて

food_0007_57

 

デコレーションして完成~!

水分を含んでくるとシートがシワシワになってきてしまうので実際のケーキ屋さんなどは
クッキーなどを挟んで工夫されているそうです。

さらにおまけ

 

food_0004_60

 

第三回突撃記念♪

 

今回プリントしたお菓子勢ぞろいです^^

 food_0002_62

 

food_0001_63food_0000_64

この後スタッフが美味しくいただきました^^!

foodp

 

 

▲目次に戻る