ユーロポート大展示会 夏場所

新ショールーム完成記念キャンペーン ~案内ツアー~

︿

ユーロポート株式会社で扱っている商品のご紹介をしていきます。

  1. プロモーションTOP > 真空プレス機パシェル >
【 突撃!真空プレス機 パシェル 】

pahshell_title_03

その名の通り真空・高熱によって特殊な形状の素材に昇華転写ができるプレス機です。
たとえばiPhoneケースなども通常のプレス機だと前面にしかプリントができませんが、
真空プレス機だと側面までのプリントが可能に。
平面プレス機がフライパンなら、真空プレス機はオーブンのようなもの。

今回そんな真空プレス機・パシェルの実態を余すことなくご紹介!
これであなたも真空プレス機マスターになれるかも?!

 

 

 

    • 目次

 

 

 

 

 

minomawari_03 

わたしたちの身のまわりには様々なプリントによって作られたものがあふれています。
昇華プリントもそのひとつ。

昇華プリントは、昇華プリンターで印刷した写真や絵などを転写することのできる印刷技術です。
昇華インクを使うと、ポリエステルでつくられた布、Tシャツ、ポロシャツ等をはじめ、
ポリエステル樹脂をプレコートしたマグカップや、陶器やタイル、ガラスなどに転写することができます。

 syoka

このような布物などの平らなものは平面プレス機で転写ができるもの。

こちらがその平面プレス機。

 

heravles

でも分厚い素材などは転写はむずかしい・・

どうせならもっと変わった形状のものにも転写したい・・・

そんな時こそ真空プレス機の出番です!

真空プレス機ならプリントできる素材の幅が広がるので、これから本格的に昇華転写で事業をはじめるなら一台は持っておきたいプレス機です♪

さて、続きから、パシェルの真の姿をお見せしましょう!

 

 

パシェルの構造

さてこちらが今回ご紹介のユーロポートオリジナル真空プレス機・パシェルです。

pashell_001

 

サイズとしては家庭用のA4サイズ対応のインクジェットプリンターを思い浮かべてみましょう。

・・・・なるほどわからん。

ではA4サイズのユーロポートのカタログとくらべてみましょう。

pashell_002

どうでしょう?大きさのイメージできました?

「プレス機」という単語から大きなイメージをしてしまいそうですが意外とコンパクト。
机の上において作業ができます。

せっかくなので中身を見てみましょう。

 

pashell_003

 

中に見える半透明の膜のようなものがついた台座がバキュームテーブルです。

 

pashell_011

この半透明の膜のようなものは薄いシリコンです。

さらに

 

pashell_030

下ゴテ部分がみえてきました。

バキュームテーブルを使うのはタイルやiPhoneケース、フォトフレームなどのとき。
マグカップを転写する際は使用しません。

なのでバキュームテーブルはマグカップの転写の際は外しちゃいます。

 

pashell_035

 

バキュームテーブルを外したとき一緒に魚が焼けそうなグリル網のようなものも外します。

 

pashell_kozo_03

以上、今暴かれるパシェルの内部構造!でした。
意外とシンプルですね。

 

パシェルの操作方法

setumei

tensya

 

真空プレス機・パシェルは一度に複数の素材の転写が可能です。

たとえばマグカップなら片面のみの転写なら最大9個まで。

マグカップ用のプレス機もありますが大量に転写する際は便利です。

 

 

▲目次に戻る

 

 

パシェルで転写できるもの

平面ではないもの、特殊な形状のものはパシェルを使用します。

たとえばこちらのテーパーマグカップ。

tepapa

通常のマグカップと異なり台形の形になっているため、マグカップ用プレス機転写しても圧力が均等にかかりません。

均等に圧力がかからないと転写したデザインの色が薄かったりぼやけたような仕上がりになってしまいます。

他にはロックフォト。

rockp

こちらは淵にでこぼこの岩を削り取ったような装飾がついているため、端までプリントしたい場合などパシェルを使用します。

glass

時計やフォトクリスタルなどのガラス製品。

時計は平面プレス機でもパシェルでも転写が出来ます。

フォトクリスタルなどは厚みがあるものも平面プレス機だと圧力がうまくかかりません。

そして厚すぎてプレス機が閉じません。

tozinai

 

また時計などパシェルで転写する場合は割れ防止のために保護キットを使用して転写をします。

 

huwahuwa

鉄板とスポンジがセットになったもので、鉄板⇒スポンジ⇒素材(時計など)を置いて割れを防止します。

そしてiPhoneケースです。

iphone

普通の平面プレスだと側面へのプレスができないのですが、パシェルだと転写紙がぴったり側面まで密着するので前面にわたる転写が可能になります。
やっぱりせっかくケースをつけるなら表面だけよりも前面にデザインがある方がうれしいですよね^^

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

 

昇華転写と昇華転写紙

昇華転写する際は、専用の昇華転写用紙で印刷したもので転写をします。

紙といっても、昇華転写用紙はインクを吸い込む紙ではありません。
昇華インクを昇華転写用紙にのせて、転写したい素材にインクを移し替えるといったほうがわかりやすいでしょうか。
転写するための素材もなんでもいいわけではなく、ポリエステル素材のものでなければなりません。
マグカップなども表面にポリエステルコーティングが施されているものでないとプリントできないため、市販のものでは転写ができないのです。

昇華転写は、このポリエステル素材+昇華転写紙+熱の3つがそろってようやく可能になるプリント方法なのです。

昇華転写紙には陶器用の紙、布用の紙、真空プレス機用の転写フィルムがあります。
それぞれ表面と裏面があり、手でさわってみてざらざらしているほうが表になります。

さてここで昇華転写のふしぎな現象をみてみましょう^^

こちらは昇華転写でマグカップを作るために用意したデータです。

kami

 

これを昇華プリンターで印刷してみると・・

 

insatu

 

うっす!

そして暗いぞ・・・・!?;;

でもこれが昇華インクなのです。
家庭用のインクジェットプリンターには顔料インク・水性インク、最近はトナープリンターも人気です。
どれも発色もよく年賀状作成などにも便利ですが、それらのインクとは全然違うのです。

ですがこれに熱を加えると一気に鮮やかになります。

というわけでマグカップ用のプレス機で転写してみましょう。

press

 

 

 

 

mag

いかがでしょう?

印刷したときはなんだか全体的にうっすら青っぽいような色合いでしたが、熱を加えることで鮮やかな色合いに変化しました。

特に赤い色などはわかりやすいかもしれません。

このように昇華転写と昇華転写紙の仕組みをふまえた上で、真空プレス機を使って実際にいろいろなものを作ってみたいと思います~!

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際につくってみた その1 ~iPhone ケース~

まずはiPhoneケースから。
今回はiPhone6用のケースに転写します。

iphone_zyoken

ipyoui

 

早速転写したいデータを昇華プリンターで印刷します。

今回転写するものはiPhoneケース、ロックフォト、フォトクリスタル(ハート)、テーパーマグカップの4種類。
iPhoneケース以外は受理層付きのり無し昇華転写紙に印刷。iPhoneケースは真空プレス機用の転写紙に印刷します。
印刷したばかりなのでインクがまだ乾ききっていません。

ので今回はドライヤーを使って乾かします。
転写紙が丸まらないよう注意してくださいね。

 

pashell_013

余談ですが私の家(20A)でドライヤーとパシェルを同時に起動したらおそらくブレーカーが落ちます。

さて乾いたらサイズにあわせて切り抜いていきます。

 

というわけでこちらがiPhoneケース作成に必要なもの。

pashell_014

 

カットした転写紙と、iPhone6用の治具、冷却治具を準備。

iPhoneケースを転写する際はこのように治具をはめて転写します。
(はめないとケースが熱で変形してしまうので)

 

pashell_015

 

治具にはめる前にケースのカメラの穴に耐熱用テープを内側から貼っておきます。
インクが穴を通って治具に転写されてしまうのを防ぐためです。

穴をふさいだら治具にはめこみます。

 

pashell_017

 

はめこんだら転写フィルムの絵柄のあるほうを素材にあてて耐熱テープでとめます。

 

pashell_018

 

フィルムとケースを固定したら、パシェルのバキュームテーブルにセットしましょう。

 

pashell_020

 

シリコンカバーをしめて「VACUME」ボタンを押します。

pashell_022

 

ちょっとテーブルのふたの両端をおさえるのがポイントです。
みるみる吸引しています(゜゜)

完全に吸引された状態がこちら

 

pashell_023

 

ぴっちり。

 

転写フィルムとケースがぴったり密着しているのがお分かり頂けるでしょうか。

この状態になったらパシェルのふたを閉めておよそ6分加熱します。

pashell_024
青い砂時計「TIMING」のボタンで加熱が始まります。

taikki

待ち時間に先ほどのバキューム中の様子でも見てみましょう。

 

 

さて6分後。

取り出して確認してみましょう。
このときパシェルの中は非常に高温ですので耐熱手袋をつけるのを忘れないように。

pashell_025

 

さっそく転写フィルムをはがしてみましょう。

 

pashell_026

 

お。きれいに転写されています。

転写紙をはがしたらすぐ冷却用の治具にはめこみ熱を逃がします。

 

pashell_027

 

ケースが冷めたら取り出します。

 

pashell_028

 

右が転写前、左が転写後。

色が変わっているのがわかるでしょうか。
気になる側面の転写もどうでしょう。

 

sokumen

しっかり端まで転写されていますね!
うまくいきました~!

色もきれいにでています♪

こんな風にiPhoneケースのような特殊な形状の素材もパシェルなら転写できちゃうんです^^

 

さて、次々いきますよ~!

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際につくってみた その2 ~ロックフォト~

 

ip_youi_03

rpyoui

 

次はロックフォトの転写をします。

 

pashell_004

 

作成したデータを左右反転して昇華プリンターで印刷したものとロックフォトを用意。
印刷したらサイズに合わせて切り抜きます。
インクが乾いていなかったらドライヤーなどで乾かします。

 

pashell_005

 

転写紙をロックフォトに、耐熱テープではりつけます。

 

pashell_006

 

温度が200℃になったらバキュームテーブルに、ロックフォトを置きます。

 

pashell_007

 

 

シリコンカバーをかぶせて「VACUME」ボタンをおします。
両手でテーブルのふたを少し押さえてください。
ぐんぐん吸ってます。

吸い終わったらパシェルのふたをしめて「TIMING」を押して温めます。

8分待ちます。

 

 

taikki

……

8分後。

 

pashell_008

 

ふたを開けてロックフォトを取り出しましょう。

非常に高温ですので耐熱手袋を忘れずに。

さてさて、うまく転写できているでしょうか。

転写紙をはがします。

 

pashell_009

 

じゃん!

うまくいきました!ピンク色も鮮やかきれいにでてますやった~~!

きになる端っこの部分ですがどうでしょう。

 

pashell_010

ふむふむ、端っこのぼこぼこしたところまでしっかりインクが乗っています。

こういうフォトフレームはあまり見たことがないのですが、なかなか面白い雰囲気に仕上がりますね。

さていい調子。
次はフォトクリスタル(ハート)です。さくさくまいりましょう。

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

実際につくってみた その3 ~フォトクリスタル(ハート)~

heart_zyoken

pcyoui

さて次はこちら、フォトクリスタル ハート型。

pashell_034_1

こちらはなんと厚みが19mm(およそ2cm)もあるもので、普通に転写してはたしてうまくいくものなのか・・・?!
早速転写してみましょう。

 

pashell_032

 

先ほどのロックフォトとは違い、このフォトクリスタルはデータを反転せずに印刷します。

 

 

pashell_034_2

切り抜いた転写紙をフォトクリスタルに耐熱テープで貼り付けます。
厚みがあるのでひと巻きくらいする勢いでとめちゃって構いません。

 

pashell_031_  

さて、転写紙をはりつけたらバキュームテーブルにセット。
カバーをおろし、おなじみ「VACUME」ボタンをおして吸引します。

 

pashell_033_

ロックフォトより厚みがあるのでバキュームされているのがよくわかりますね!
くっりきハート型になってます。
この状態になったら同じようにパシェルのふたを閉めて8分待ちましょう。

 

taikki

8分後。

パシェルから取り出して転写紙をはがします。
もちろんこちらも激熱なので耐熱手袋をはめます。

 

pashell_034

じゃ・・・ん??

 

絵が反対になってる~~?!!!

 

いえいえ、大丈夫です。

フォトクリスタルはこちらが裏面になるので表から見ると・・

pashell_034_

ほらしっかり転写されてます。

あ~よかった~^^
ガラス面の向こう側に転写されるので透明感がいいですね。
形状がかわいらしいので小さなお子さんやペット・結婚式の写真などにいいかもしれません。

さて次、最後はテーパーマグカップの転写です。

 

 

 

▲目次に戻る

 

 

 

実際につくってみた その4 ~テーパーマグカップ~

 

tepa_zyoken

tpyoui

 

さて最後はテーパーマグカップに参りましょう。
最初にご紹介したとおり台形の形になった特殊な形状のマグカップです。
マグカップを転写する際はバキュームテーブルは使用しないのではずしておきましょう。
熱い状態のときは耐熱手袋をつけて作業しましょう。

こちらが今回転写するもの。

転写紙のほうは左右反転されているかを確認してくださいね。

 

pashell_035_

 

では転写紙を絵柄のほうをマグカップにつけて耐熱テープでとめます。

 

pashell_035_1

 

ここまではいつもどおり。

さてここで、こちらのシリコンクランプの出番です。

 

pashell_040

 

上の平行になっているものが通常のマグカップ用のシリコンンクランプ。

下の扇のようになっているのがテーパーマグカップ用のシリコンクランプです。
マグカップはこれまでと違いバキューム機能を使用しません。
転写紙と素材を圧着させるには耐熱テープでとめるだけだと不安ですね・・そこで、転写紙と素材をしっかり密着させて固定させるためにこのシリコンクランプを使うのです。

つけ方は、耐熱テープでとめた転写紙を覆うようにシリコンクランプをまきつけ、取っ手のところで金具を通します。
穴が開いているほうの下をくぐらせるよう通して止めます。

 

 

pashell_036

 

シリコンクランプで固定出来たら、パシェルの中に入れます。

 

pashell_037_

 

マグカップはさかさまにして入れてくださいね。

 

転写条件を設定したらそのままパシェルのふたをしめます。

7分10秒まちましょう。

taikki

時間になったら熱くなってるうちに転写紙をはがしま~す。

 

pashell_039

 

すぐにはがさないとインクがぼやけたような状態になるので素早く。

そして水をはった桶などですぐに冷やします。
この時水温は少しぬるめの水にしてください。

ちゃっかり別のデータのものも転写しちゃいました^ω^

 

pashell_041

 

濃い鮮やかな色の部分などきれいに転写されてますね♪

こちらが完成品。

 

pashell_041_

濃い鮮やかな色の部分などきれいに転写されてます^^

ようやくすべての作業終了です~!!
ここまでご覧になられていかがでしたか。
もうパシェルがどんなものかお分かり頂けたかと思います。

 

 

▲目次に戻る

 

 

おわりに

 

 

pashell_042

 

さてここまで真空プレス機・パシェルについてご紹介してまいりました。

昇華プリンターも平面プレス機も持っていて、昇華プリントですでに様々なグッズを作ってはいるけれど、今後はもっと特殊な形状のグッズや他とは少し違うものを作っていきたい!
マグカップの昇華プリントの作業効率をあげたい!
ていうか真空プレス機ってなんか名前がかっこいい!!

などなど思っていただければ幸いです。
他のプレス機などに比べると持ち運びもしやすく、机の隅っこに置いても作業ができるサイズ感なので置く場所に余裕がなくても大丈夫。

既に昇華プリンターをお持ちなら、1台導入してみるだけで作成できるものの幅が広がります。
実際に動いている様子を見てみたいという方はぜひユーロポートショールームにお越しくださいね^^

というわけで今回から始まった、ふるかわのユーロポートにある気になるアノ機械に突撃!(仮)。
第1回目は真空プレス機パシェルでした。

オリジナルグッズが自社で手軽に出来たりするのはうれしいですね~

 

pashell_029

 

先日発表されたばかりのiPhoneSEは5Sのケースが使えるとのうわさもありますし、もう5のサイズのケースを作ることもなく素材をもてあましちゃってるという方にもいい機会かもしれません。
オリジナルパッケージとか作成して販売したり・・夢が膨らみます(`ー´)フフ

 

パッケージ作成も自分でできればいいですよね・・

 

さて、次回はどんな機械が登場するのでしょうか。
おたのしみに~!

 

 

 

▲目次に戻る