&TOKYO

ユーロポートはプリントシステムの
機械・材料・素材、すべてを扱っています。

お問い合わせ

︿
キャンペーン情報
開催中のキャンペーン
中古機情報
お得なビジネスパッケージ
製品カテゴリー
カッティングマシン
スキャンカット
シルエットカメオ
ステカ
CE6000-40 Plus
~600mm幅
~1,650mm幅
フラッドベッド(平板)
シート
ステッカーシート
アイロンシート
カーラッピングシート
溶剤インクジェットプリント
インクジェットプリンター
ステッカー用
インクジェットメディア
アイロン用
インクジェットメディア
ラテックスプリンター
ラミネーター
昇華転写プリント
A3・A4サイズ
昇華プリンター
1,000mm幅~
昇華プリンター
無地素材
昇華転写紙
ガーメントプリンター
テキスタイルプリンター
UVインクジェットプリンント
UVプリンター
スーパーインレタ
トナープリント
カットレス(CLAP)
トナー転写紙
アイロンプレス機
刺繍ミシン
シルクプリント
レーザーカッター
フードプリンター
メタルプリンター
彫刻機
缶バッジ
ラベルプリンター
ソフトウェア
ラインストーン
UVレジン
作業道具
プリント用ウェア
ジュエロサクラ
【 突撃!小型昇華プリンター WARPBOX 】

今回もはじまりました、突撃!気になるあの機械!
最近あんまり機械に突撃してなくない???

というわけで第8回目の今回は今一番気になっているこちらの機械↓↓

cap_bsan

みなさん覚えておいででしょうか。
そう、白い電子レンジのような躯体。
前前前回のビーチサンダル回でもちらりと登場しましたね。

この機械の名は?

「WARP BOX」

昨年末、満を持して登場したユーロポートオリジナルの小型昇華プリンター。
昇華プリントはこのコーナーではおなじみですが、まだ肝心の昇華プリンターは未登場。
これまで昇華プリンターは「なんだか難しそう」「高いソフトが必要」などなど…
初めてシステムを導入しようと思うと、すこしハードルが高い印象がありました。

今回はそのメージを180度変えてしまうかもしれない?!
そんなWARPBOXの、魅力に迫ってみました!

 

 

 

昇華プリントのおさらい

本格的にWARPBOXの紹介をする前に、少しだけ昇華転写のおさらいをしておきましょう^^
昇華インクで昇華転写紙に印刷したデザインを、転写したい素材に熱をかけることで移しかえるのが昇華転写。
昇華転写の良いところは

・色鮮やか
・色落ちしない(高い耐久性)
・プリントしても素材の風合いを損なわない
・伸縮に強い

一方昇華転写の弱点としては
・白インクがない
・ポリエステル素材にしか転写できない

といった点が挙げられます。

このコーナーでも過去に2回登場しているのでみなさんもうおわかりですよね^^?
では実際、昇華転写を始めようと思うと、なにが必要か、わかりますか?

昇華転写に必要なものは3つ

昇華用プリンターは昇華インクが搭載されているプリンター。
昇華転写ができる素材はポリエステル100%のものか、ポリエステルコーティングが施されている
陶器や金属・ガラスなど。
さらに均一に熱をあてられるプレス機は必須です。

以上のように、化学的な要素がからみ、さらに始めるにあたってそろえなければならない
機材もあるため、昇華転写を始めるのはすこしハードルが高そう。

でもそんなイメージを解決してくれるのがWARPBOXなのです!

お値段の問題や、置く場所、操作面での不安などを一気に解消します。
色々な小物を小ロットで作りたい会社やお店、個人でも導入しやすいのがWARPBOXの魅力といえるでしょう。

 

▲目次に戻る

 

WARPBOXの準備

ではいよいよWARPBOXに登場していただきましょう~

こちらがユーロポート小型昇華プリンターWARP300。
ボディが白いので圧迫感もなく、デスクにおいて使用してもなじみそうですね^^
A4サイズのWARP200のふたつのサイズがあり、それぞれ作りたいものや、置く場所によってサイズを選べます。

電源をつけてみました^^
用紙をセットしてテストプリントをしてみましょう。


‥‥とおもったら、おや?

 

A3用紙が入りません^^;
明らかにトレーがA3サイズではないですね・・・これはどうしたものかと思っていたら

トレーの手前両端にある緑色のツメを外側に移動させ、トレーの底を引っ張り出すと

 

無事にA3用紙が入りました◎

トレーを元の位置に戻して、排紙トレーの下のカバーを引っ張るとA3サイズの給紙ユニットができました♪

 

まず始めにノズルのチェックを行うため、WARP300のプリンタドライバを開きます。
メンテナンスのタブを選んで「ノズルチェック」のボタンをおします。

すぐに印刷がはじまり、こんな風に4色それぞれの印刷結果がでてきます。
インクの出は問題なさそうですね◎

以上でWARPの使用準備は整いました♪
次は付属のRIPソフトの機能をためしてみましょう。

 

 

▲目次に戻る

 

ViViCOLOR

WARPBOXの魅力はお手頃な値段、コンパクトさ、操作の手軽さがありますが、
なんといっても専用のRIPソフトがついているところでしょう。
このソフトを通して印刷をすることで、印刷結果の色味を調整したり印刷アプリケーションの
呼び出しが簡単にできます。
色味調整の他に「面付け」「反転」「回転」「拡大縮小」などがワンクリックで設定可能。
読み込めるファイルは以下の通り

ViViCOLORに読み込めるファイル

PDF、PS(PostSprict)、EPS、AI、TIF、

BMP、PNG、JPG/JPEG、GIF、PSD

たとえば携帯電話のカメラで撮影したデータもViViCOLORを介することでプリントができます。
ジョブ管理もできるので、過去のデータの再印刷もスムーズに行えます。
illustratorなどの高いソフトを購入しなくても出力が出来るわけです。

では実際にViViCOLORの機能の一部をご紹介しましょう♪

 

こちらがViViCOLOR起動後の画面です。
この画面から色設定やテストプリント、印刷アプリケーションが起動できます。

初めに色味の変更を行ってみましょう。

現在は「ダーク」になっています。
このプルダウンメニューをそれぞれ選択した後「適用」ボタンを押すと設定が完了します。
設定した後下のテスト印刷を行うと、設定した色味設定でカラーチャートが印刷されます。

それぞれの色味設定を印刷したものをならべてみました。

左上から「標準」「ライト」

左下から「ダーク」「ビビット」
違いは判りましたか?

ダークとライトの違いはわかりますね~

 

さて色味設定を確認したら次は実際の印刷用データを使用して
ViViCOLORの機能を試してみましょう。
(色味設定は任意の設定にしておきましょう。)

こちらが印刷キューの待機画面。

 

左上の「取込」のボタンからデータを読込ます。

①面付け

まずこれを印刷しようと思うのですが、A3サイズにこのデータ一つだけというのは
もったいないので面付けをしてしまいましょう。

「出力方法」の出力タイプから、一番右のアイコンを選択すると、上のタブから
面付け設定が可能になります。

面付け設定のタブを選択して、面付けをする数、用紙の端からの距離を余白のところで調整します。
iPhoneケースのデータならサイズによりますが4つは面付けが出来ます。

でこのまま印刷・・・と行きたいところですが、昇華転写は印刷データを左右反転する必要が
ありますので、このまま左右反転させましょう^^

 

「出力設定」のタブの「データサイズ」という箇所の「反転」のチェックボタンを押すことで
データを左右反転させることができます。
画像編集ソフトを行き来する必要がないので、うっかり反転し忘れてしまった時など便利ですね^^;

 

②次は拡大・縮小

面付け設定の状態では編集できないので「シングル」の状態にして「シングル設定タブ」で
データの大きさを調整しましょう。
赤で囲んだアイコンをクリックした場合は用紙のサイズに合わせて自動で拡大縮小されます。

③分割設定

他にも大きなデータサイズを分割して出力できる機能

④画質補正

印刷したデータの質やインク量等が満足いく仕上がりではなかった場合、
「RIP設定」から解像度を調整できます。

いかがでしたか。
ViViCOLORなら調整の難しい色調を最適なモードで印刷ができ、
左右反転や拡大・縮小もこの画面でできるのです。

 

メンテナンスについて

昇華プリントの革命児でもあるWARPBOXも昇華インクを搭載している以上、避けて通れないのがメンテナンス。
従来のプリンターよりはインク詰まりが軽減され、メンテナンスも簡単ですが、印刷前のノズルチェックと、最低週1回の
印刷をしてあげることで印刷がスムーズになります。

 

▲目次に戻る

 

 

実際に印刷してみた

さて、準備が完了してViViCOLORの機能もわかったところで、
いよいよ実際に印刷から転写まで行いたいと思います~(^▽^)

まずは印刷したいデータを印刷待ちタブに取込ます。

マグカップ用のデータを選んで「プリント設定」を押します。

プリント設定画面が開いたら、「反転」のチェック項目にチェックを入れてデータを
反転させ「OK」をおします。

プリント設定が完了したら、いよいよ印刷です。
赤丸の「印刷」ボタンを押して印刷を始めます。

マグカップ用のデータが出力完了しました^^

左右反転もされていますね~

というわけで次々いきましょう!

次はソフトタッチミニタオル用のデータを印刷します。

プリント設定の開き方は右クリックのメニューからでも開けます。

 

プリントしたいデータの出力設定を開いて左右反転をしたら先ほどと同じように印刷しましょう。

他のデータも同じように反転して出力をしてしまいましょう。

プリント設定から


左右反転をして

出力


反転

出力。

もうこの流れ覚えましたね!

 

最後はiPhoneケース用のデータをプリントしましょう。
ここでiPhoneケースを転写するための転写紙は非常にカールしやすいため印刷時に注意が必要です。


この中央の銀色のシートがiPhoneケースなどの特殊な形状の素材を転写する際に使用する
真空プレス機用の転写紙になります。
第一回のパシェルの特集の時の転写フィルムから変わって、まるでアルミホイルのような紙です。
カールしやすいため今回はA4サイズにカットして出力したいと思います。

 

まずは同じように出力設定で左右反転をします。

反転をしたら「出力機器」の「設定」ボタンを押しWARP300のプロパティを開きます。
原稿のサイズをA4に合わせて印刷を始めましょう。

非常にカールしやすい紙ですので、印刷する際は紙押さえを使用する場合もありますが、
問題なく出力されました^^

 

以上WARP300で印刷した転写紙です^^
印刷が終わったら転写をしてしまいましょう!

▲目次に戻る

 

転写してみた

転写紙への出力が終わったらいよいよ転写をしていきます。
転写をする前に転写紙のインクを半日~一日しっかり乾かします。
時間がない場合は

奥の手を使いましょう^^^

転写紙が乾いたらまずはマグカップから

マグカップへの昇華転写はマグカップ専用のアイロンプレス機、グランディスを使用します。
湯呑や円筒形の素材にも対応しています。

 

で、さっそく転写するデザインを必要なところだけ切り抜きます。

 

デザインがあるほうをマグカップの表面に当てて耐熱テープで固定します。

 

さらに細長く切ったシリコンペーパーで包みます。

 

で、グランディスのヒーターにセットしたら手前のレバーを下します。
190℃で3分間まちます。

 

ブザーが鳴ったら転写紙を剥がしてマグカップを冷やします。

マグカップ側に綺麗に絵が転写されました^^

他、残りも転写します。
発色がきれいです。

さて次、ソフトタッチミニタオル。

 


ミニタオルは位置を合わせるのが少し難しいですが…

 

デザインの面に転写したい素材の面を合わせて

 

シリコンぺーパーではさみます。

 

はさんだら上下をひっくり返して平面プレス機で熱をかけます。

 

190℃で待つこと1分

 

転写紙を剥がすとタオルの方に写真が異動しました。
色もきれいに出ていますし、雨粒の細かいところもきれいですね^^

 

残りのミニタオルも転写できました◎

さて、最後は昇華転写プリントの花形・iPhoneケース。

昇華プリントならiPhoneケースの側面にもプリントが出来るのが一番の魅力といえるでしょう。

そんなわけでおひさしぶりのパシェル。
真空プレス機ならiPhoneの側面も、特殊な形状の素材も転写が可能です。

はい、もうパシェルはばっちりですね~!
WARPBOXと3種類のプレス機で色々なグッズが簡単に作れてしまいます。

 

▲目次に戻る

 

スマホのデータもプリント!

ViViCOLORのおかげでillustratorなどのアプリケーションを使うことなく簡単に出力が出来ることがお分かりいただけたでしょうか。
でも出力するデータは一度編集する必要があるんでしょ・・?

大丈夫です!
ViViCOLORならスマホで撮影したデータをそのままインポートして出力することもできます!

というわけで古川のデータフォルダの写真を昇華転写してみましょう^ω^

まず印刷待ちのタブに転写したい画像を取り込みます。

 

ここでシートサイズを印刷範囲や素材の大きさに合わせておくとアタリがとりやすくなります。
いい感じに猫を配置しました。

 

で、印刷したものがこちら^ω^これを

 

こうして

 

はさんで

 

熱をあてて

 

一分後に転写紙をめくると~

 

できた~!!✨

 

隠し撮りした猫の写真もこんな風に簡単に昇華プリントすることができます(^▼^)

 

 

▲目次に戻る

 

 

おわりに

WARPBOX、いかがでしたか?

今回は発売されたばかりのWARPBOXに突撃してみました!
印刷から転写までを初めてお見せしましたが、意外と手軽にできることがお分かり頂けたかと思います。

WARPBOXがあれば第一回目のパシェルでプリントしたものや、第5回のビーチサンダルもWARPBOXで出力ができます!

操作方法も家庭用インクジェットプリンターのように使え、付属のRIPソフトで、高価なソフトを
お持ちではない方でも簡単に印刷ができるので、オリジナルグッズ作製を始めていきたい方の導入にはおすすめの機械です。
プレス機が必要となりますが、すでにアイロンプリントを始められている方なら、WARPBOXをそろえていただくだけで
手軽に出力ができるのでビジネスの幅も広がります^^

新入社員のマグカップや、お土産にマグカップを作ったり、もちろんビーチサンダルを作ったり・・・。
オリジナルグッズづくりが楽しくなることまちがいなし!
詳しく聞いてみたい、実際に動いているところを見てみたい、という方はお気軽にお問合せ下さい。
新ビジネスのおともに、WARPBOXはいかがでしょう(^ω^*)

 

それではまた次回、突撃特集にてお会いしましょう♪

▲目次に戻る

旧HPをご利用の方はこちら

お知らせ
展示会情報
読みもの
動画で分かる使い方講座
ステッカー作り方講座
Tシャツ作り方講座
カッティングマシン選び方のポイント
突撃!気になるあの機械
CFPよくある質問
ご案内
日本最大のショールーム
最新カタログ請求
ユーロポート運営ソーシャルメディア
資料PDFダウンロード
導入事例
リース契約
メディア最新情報
サービス
名刺作成サービス
3万円以上のお買い物で送料無料!(15時までのご注文で在庫商品が当日発送)
【営業時間】
9:30~12:00 /
13:00~18:00
■定休日:土・日・祝日
ユーロポート出張カレンダー
専門店
プリントシステム専門店
カッティング専門店
コーポレートサイト
ユーロポート楽天市場店
ユーロポートyahooストア
ユーロポートオンラインショップ
採用情報
採用情報