お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

  • Roland
  • Mimaki
  • EPSON
  • brother
  • hp
  • RISO
  • GRAPHTEC
  • MUTOH
  • RICOH
  • GRAVOTECH
  • Mastermind
  • NEWMIND
  • diferro Calenders
  • リンテック株式会社
  • 桜井株式会社
  • 3M
  • 中川ケミカル
  • 東洋インキ
  • ニチエ株式会社
  • ORAFOL
  • AVERY DENNISON
  • chemica

導入事例

ユーロポートが選ばれるワケ

ステッカーで付加価値をプラス!バルーンフラワー作ってみた

2022年04月21日


みなさん、バルーンフラワーってご存知ですか?
バルーンフラワーとはその名の通り、生花やドライフラワーを透明度の高いバルーンの中に入れたものです。
フラワーバルーンやバルーンブーケとも呼ばれています。

華やかな見た目でSNS映えもするので、入学、卒園、卒業、誕生日、結婚、記念日などのプレゼントにとってもおすすめです!

そのままでもかわいいけれど、プレゼントする相手のお名前やメッセージなどの文字を入れればさらに特別感がアップしますよね?

店舗で好きな文字を入れてくれるオーダーメイドのサービスもありますが、自分で手作りすれば
・フォント
・サイズ
・シートの種類や色
・文字数
などに制限なし!

自分の思い描くデザインで文字やイラストを入れることができます。
そこで今回はカッティングマシンとステッカーシートを使ってバルーンフラワーに文字入れをしてみたいと思います!

目次
カッティングマシンで文字ステッカーを作る
バルーンフラワーの作り方
おすすめシートの紹介
カッティングマシンで素敵なものづくりを!

カッティングマシンで文字ステッカーを作る

まず初めに、カッティングマシンでステッカーシートをカットし、文字のステッカーを作っていきます。
カッティングマシンとは、カットデータの通りに自動で刃が動き、シートや紙をカットしてくれる機械です。
はさみやカッターで切るのは大変!という細かい模様や文字、同じ形を大量にカットしたいときなどに活躍します。

カッティングマシンについてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事で詳しく説明しておりますので是非チェックしてください!
「カッティングマシン徹底比較!選び方のポイント」の記事を見る

今回はユーロポートで取り扱っているカッティングマシンからブラザー(brother)社の「スキャンカット(SDX1010EP)」を使って作成してみます。

データを作成する

スキャンカットの特徴は、タッチパネル(ディスプレイ)がついていることです。
内蔵データも豊富なので、パソコンが無くてもカットデータが作れます。

Illustrator(イラストレーター)などのデザインソフトで作ったデータも使用できますが、今回はスキャンカット本体だけで作ってみましょう。

内蔵データのアルファベットを選択し、任意の文字を配置します。

画面上のマス目は、カット時に使用するカッティングマットのマス目を表しています。
文字の大きさの目安にしてくださいね。

作成したデータがこちらです!

こちらをテストカット→本番カット→カス取り→アプリ掛けの順でステッカーに仕上げていきます。
完成したステッカーがこちらです!

詳しい作り方はこちらのコンテンツで紹介しておりますので、ご確認ください!
「カッティング用ステッカーシートの作り方と貼り方」の記事を見る

フラワーバルーンの作り方

いよいよフラワーバルーンを作っていきます。
使うものは以下の通りです。

・空気入れ
・バルーン
・はさみ
・中に入れたい花
・マスキングテープ(セロハンテープ)
・輪ゴム
・花を包むための不織布
・先程作ったステッカー

バルーンに花を入れる

後の作業をしやすくするため、バルーンを一度膨らまします。
※周りについているピンク色の保護フィルムは、バルーンを膨らますと剥がれます。

ある程度膨らんだら、空気を抜いておきます。
続いて花を不織布で包み、バルーンに入れていきます。

バルーンに入ったら、不織布だけを引きだします。

はじめは不織布で包んでいましたが、花が繊維に引っかかり扱いづらかったので途中からフィルムに変更しました。
つるつるした素材の方が、花が滑りやすく扱いやすいです。

花がすべて入ったら茎の長さをはさみで切って調整します。

茎全体をテープで固定します。
※こちらは黄色いマスキングテープで止めていますが、テープが見えたときに目立つので透明なテープの使用をオススメします。 

バルーンに空気を入れます。
この時、花がバルーンの中で浮いてしまっても問題ありません。

空気が入ったら、バルーンの口を縛ります。
茎がハマるように3㎝ほど余裕を残して結びましょう。

結べたら、花を結び目に持ってきてバルーンごと輪ゴムで固定します。

※こちらの輪ゴムも色が目立つので、透明なゴムがあればそちらの方がオススメです。

ステッカーを貼る

ここでついに先程作ったステッカーの登場です。

離型紙を剥がし、バルーンに貼り付けます。

スキージを使ってこすり、しっかりと貼り付けます。

アプリケーションフィルムをゆっくり剥がします。
なるべくフィルムを寝かしながら剥がしましょう。

これで、バルーンへの文字入れが完了しました!

飾りつけ

ここから飾りつけを行います。
今回使ったものは以下の通りです。

・土台となるカップや鉢(今回は色画用紙で代用)
・不織布
・リボン

写真のものに追加して、テープと輪ゴムも使用しました。

まず、不織布をくしゃっとさせながらバルーンに巻き付けます。

巻き付けたら、テープや輪ゴムで固定します。
これを土台に乗せ、
全体を包み込むようにリボンを巻きます。

完成です!

おすすめシート紹介

いかがでしたか?

シンプルなバルーンフラワーもかわいいですが、文字が入ることでさらにおしゃれに、さらに気持ちの伝わるギフトになりますね!

最後に、ユーロポートで販売しているステッカーシートの中から、他の人と差を付けられる!?おすすめのシートをご紹介します!

1、屋外プレミアム「SX」

カラーが豊富なシートの中でもゆるやかな3次曲面に対応しているシートです。
アイドルなど、推しの担当カラーでHappy birthdayのメッセージと名前を貼れば、本人不在の誕生日会も盛り上がりますね!

フレッシュグリーン(黄緑)やココア(茶色)、パールグレー(灰色)など、定番から外れがちなカラーも取り揃えております。
あなたの推しの担当カラーもきっと見つかるはず!

2、メタリックラメ「SP」

ラメフレーク入りのメタリックシートです。
こちらもゆるやかな3次曲面対応シートになっております。
キラキラで華やかなシートなので、Happy weddingのメッセージを入れて、結婚祝いのプレゼントにいかがでしょうか。
ゴールドやシルバーを使えば高級感が出ますね!

▼キラキラ感を動画で確認

3、シェイドシフター「QPX」

見る角度によって色が変わるので、立体的なバルーンにぴったりのシートです。
こちらも3次曲面対応シートになっております。
1st Anniversaryなどの文字を入れて記念日のお祝いにいかがでしょうか。

▼色の変化を動画で確認

カッティングマシンで素敵なものづくりを!

カッティングマシンは今回のようにシンプルなステッカー作りだけでなく、アイドルうちわ作成やステンシルシートのカット、プラ板でのアクセサリー作りなど様々な場面で活躍します。
ユーロポートスタッフが実際に作っているコンテンツ記事がございますので、こちらもぜひご覧ください!

今回使用した機械