お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

  • Roland
  • Mimaki
  • EPSON
  • brother
  • hp
  • RISO
  • GRAPHTEC
  • MUTOH
  • RICOH
  • GRAVOTECH
  • Mastermind
  • NEWMIND
  • diferro Calenders
  • リンテック株式会社
  • 桜井株式会社
  • 3M
  • 中川ケミカル
  • 東洋インキ
  • ニチエ株式会社
  • ORAFOL
  • AVERY DENNISON
  • chemica

導入事例

ユーロポートが選ばれるワケ

DTF導入の前に知っておくべき基礎知識

2022年06月28日

情報通の方なら近年「DTFプリント」「DTFプリントシステム」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

今回は、2022年5月に国内開発DTFプリンター「カスケード」を発売したユーロポートが最新の印刷手法「DTFプリント」についての基本的な情報を解説致します。
この記事を読めばDTFプリントの基礎知識をしっかりと付けることができます。
「DTFプリントとはいったいどういうものなのか」「DTFプリントのメリットを分かりやすく知りたい」と思っている方は是非最後までご覧ください。

DTFプリントとは

DTFプリントは、「Direct to film」の略称で、ウェアプリントの新しい手法です。
DTFフィルムと呼ばれる特殊なフィルムにプリンターで直接出力し、ホットメルトパウダーと呼ばれる粉をかけて転写シートを作るプリント方式です。

全く新しい製法で、現在プリント業界でとても話題になっています。
まず、DTFプリントについてお話しする前に、DTFプリントは2通りの方法があることをご紹介します。

DTFプリントの作成事例

1.DTFプリントシステムで行うDTF

DTFプリントシステムは、DTFプリンタ―とDTFシェイカー(自動パウダー付け+乾燥機)を使用して全自動で転写フィルムを作成する方法です。

DTFプリントシステムで行うDTF

  • ■メリット
  • ①作業工程の8割を機械が自動で行うため、人的コストが削減できる
  • ②効率的な小~大量生産が可能
  • ③ランニングコストが安いため、この1台でウェアプリントビジネスが始められる

2.ガーメントプリンタ―で行うDTF

ガーメントプリンタ―の場合は、ガーメントプリンターでフィルムに印刷し、ヒートパウダーを手作業でかけ、ベーキングしてDTFプリントの転写フィルムを作成します。

ガーメントプリンタ―で行うDTF

  • ■メリット
  • ①ガーメントプリント特有の前処理加工が必要なく、前処理跡も付かない。
  • ②従来のガーメントプリントだと印刷しづらいポケット、縫い目の近く、靴下、肩のワンポイント、ロンTの袖、Tシャツのタグなどあらゆる場所にプリントが可能。
  • ③ガーメントプリンターがすでにある場合は、パウダーとフィルムを購入するだけですぐに始められるので初期費用が抑えられる
  • 対応機種が限られます(SC-F2150やGTX ※GTXは別途専用ソフトが必要。)

今回は「1.DTFプリントシステムで行うもの」をメインでご説明いたします。

基本的なDTFのメリット

作業工程の8割を機械が自動で行うため、人的コストが削減できる

DTFプリントシステムのプリンタ―とシェイカーを導入すると、効率よく転写フィルムを作成できるので人的コストを削減しながら、生産性の高いビジネスが可能です。

小~大ロットの作成が可能

DTFプリントシステムカスケードは600mm幅に対応しており、1日(約8時間)でA4サイズ 約428枚の生産が可能です。デザインを面付して流すだけなので、面付を工夫して複数のデザインを配置することで少ない受注にも答えることができます。

また、「DTFプリンタ―×シェイカー」が一般的ですが、「DTFプリンタ―×小型オーブン」を使うことでパウダーの塗布が手作業にはなりますが、フィルムのロスなしで小ロットのサンプル出しを行うこともできます。

DTFなら小~大ロットの作成が可能

「プリント対象素材が幅広い」商材を増やすことができ様々な受注に応えられる

DTFプリントは、綿・ポリエステル・ナイロン・その他木材など幅広い素材への転写が可能です。
これまでは限られたウェアプリントだけでしたが、ナイロンパーカーや厚手のブルゾンにも自由に加工できます!

また、プレス機の増設で帽子や靴への圧着など商材の幅も広がります。
他システムだと生地に対応させる前加工などが必要なものもありますが、そのような作業が一切不要なため高生産が見込めます。

「プリント対象素材が幅広い」商材を増やすことができ様々な受注に応えられる

「前処理が不要」人によって仕上がりに差が出ない|大量生産に特化したDTFプリント

「前処理剤」とは、ガーメントプリントで用いられる、濃色生地やポリエステル生地に印刷する場合は色が沈まないようにする処理のことです。

均一にかけるためには熟練のコツが必要で、人によって仕上がりに差が出る場合がありました。
しかし、DTFプリントはどの素材に対しても転写フィルムを圧着するだけなので、その工程は不要です。 生産性もあがりますし、前処理痕や薬品の匂いなども一切ないので、大きなメリットと言えます。

「カストリ不要」繊細なデザインもかんたんに作成できるので、人的コスト削減かつ生産性も向上

「カストリ」とは、カッティングシートや溶剤メディアなどカッティングシートをカットした後に不要な部分を取り除くことです。カッティングシートを生地へ転写する際には必ずカストリが必要でした。

一方、DTFの場合は転写シートを圧着するだけなので、カストリが不要です。
従来は難しかったような繊細で細かいデザインも自由自在に作成できるとともに、これまでは作業員が必要だったカストリ工程が圧着のみとなるので生産性もグッと向上します。

「カストリ不要」繊細なデザインもかんたんに作成できるので、人的コスト削減かつ生産性も向上

「リタック不要」作業工程数の減少で作業性の向上 低ランニングコストで運用が可能

「リタック」とは、カッティングシートやステッカーの転着などの際にお使い頂くアプリケーションシートを指します。DTFはフィルムにあらかじめ反転させたデータをプリントしてウェアに転写するため、アプリケーションが不要です。

サプライ品もインク・パウダー・フィルムの3点のみで完結するため低いランニングコストで運用ができます。

「製版不要」フルカラー対応・都度受注データを流すだけで完結

「製版」は大量生産に特化したシルクプリントの場合に必要とされます。
限られた色数で1000枚ほど作成する場合には効率が良いですが、多色の場合は色ごとに版を作成する必要があったり、版の置き場所が必要な場合がありフルカラーへの対応は工数がかかります。

DTFの場合はフルカラー対応が可能で、さらに受注があったデータを面付して流すだけなので、製版作業も不要です。作業スペースも省スペースで行えます。

武藤工業純正RIPソフト「VerteLith」採用しているので、白版データ作成が不要。
濃色生地にも沈まない高発色なプリントに

「白版データ」というのは、ガーメントやシルクで印刷する際に下地にホワイトを入れることです。
濃色生地に高発色でプリントする場合に用いられます。

通常は、「下地用の白版データ」と「カラーのデータ」2つのデータ作成が必要ですが、DTFは、RIPソフトで白版データが自動生成されるため、データを分けて作成する必要がありません。

高い印刷品質と耐洗濯性 | 製品としての質も◎

ユーロポートで取り扱っているインクは高発色、高濃度。
また、OEKO-TEX認証取得のインクで安全性にも配慮しております。
洗濯堅牢度4-5級を取得しており、洗濯してもすぐに色落ちするなどの心配もございません。

①デザインの作成
illustratorやPhotoshopなどでデザインを作成し、RIPソフト「VerteLith」へ送ってください。

②RIPソフト
画像データを印刷データに変換し、自動的に白版データを作成します。
デザインデータによっては白版がはみ出ないように調整が必要な場合があります。

③印刷工程(プリンタ―)
フィルムにデザインをカラー→ホワイトの順番で印刷します。
ダブルホワイトインク搭載のため高濃度で印刷ができます。

④パウダー工程(シェイカー)
インクの部分にパウダーを塗布したあと、振動で余分なパウダーを払い落とします。

⑤ベーキング工程(シェイカー)
コンベア乾燥機の要領でパウダーを溶かし硬化させ、巻き取りまで自動で搬送されます。
(稼働状況は液晶タッチパネルで把握できます。)

⑥転写工程
フィルムを適当な大きさに裁断し、熱プレス機を使って素材に圧着します。
最後は、フィルムを勢いよく剥がして完成です。

他システムとの比較表

表を見てわかる通り、DTFは他システムに比べて、フルカラー表現もや大量生産・作業の簡単さなどに大きなメリットを感じます。また、ランニングコストも安く対象素材への汎用性が高いです。

ウェアプリントの新製法として業界で大きな話題となっている理由がよくわかります。
生産性の高さから効率と大量生産が求められる「アパレル業界・スポーツマーク業界・ユニフォーム業界」で特に最適です。

他システムとの比較表
 比較表をよく見る

ユーロポートのDTFプリントシステムについて

ユーロポートのDTFプリントシステム「カスケード」は、プリンターとシェイカーの2つで構成されています。

プリンターについて

  • 武藤工業社製のプリンターを使⽤して開発した⽇本初の国内開発DTFプリンターは、高品質で安定した運用を実現します。⽩インク詰まりがよく懸念されますが、2つのサーキュレーターを実装することで、インクを循環させる仕組みを採⽤しています。

    RIPソフトも武藤工業純正「VerteLith」を採用しているため、他社ではでないようなグレーカラーもしっかりときれいに出るのでプリンタ―の性能を最大限に生かすことが可能です。

  • カスケードプリンター

インクについて

またインクシステムは、ボトルタイプではなく脱気済みのアルミパックを採⽤しているため、詰まりの原因のひとつのエア噛みが起こりにくく安定した印刷が⾏えます。

印刷の際のカラープロファイルは、独自開発を行っており、誇張しすぎない日本人が好む自然な彩度での印刷設定です。さらに、エコテックス搭載インクを採用しているため、環境にも優しく、安心して使用ができます。最大印刷幅は600mmと高い生産性を誇ります。

シェイカーについて

  • シェイカーは、オートメーション機能を搭載し、要所に様々なセンサーがついており、⾃動巻き取り装置や、パウダーの振動、排気ファンや、ヒーター温度までタッチ式液晶パネルで、稼働ステータスが⼀⽬でわかる仕様です。 トラブル回避ができ安全に使うことができます。

    側⾯には集塵機能付き排気ファンがあり、消臭とパウダーの⾶散を軽減することができます。設置時もダクト⼯事が不要です。

  • カスケードシェイカー

保守について

カスケードの特に注目すべきは保守内容です。パーツ代・派遣費用・技術費込みの手厚い保守付きで、さらに専門スタッフによるアフターフォローがございます。

ユーロポートサポートも受けられ、メーカーサポートも受けられる2段構えサポートなので安⼼して導⼊ができます。カスケードの導入で人件費削減+生産性の高いプリントビジネスが可能になります!

製品の安全性について

ユーロポートでは、安全性の確認が取れた商品を多数販売しております。
気になる方はこちらからお問合わせください。

    • DTFヒートパウダー
    • DTF-PWD03-1K
      DTFヒートパウダー

      MSDSあり
    • 1kg:4,950円(税込)
    • 詳細はこちら
    • インク
    • CSDPINK01
      インク|ICインクカード付

      OEKO-TEX(インクエコテックス)認証取得。
    • 500ml:13,200円(税込)
    • 詳細はこちら

デモンストレーション

デモンストレーション

ユーロポートでは、デモンストレーションが可能です。実機が動いている様子を見て、印刷スピードや実際の大きさ、印刷品質をご自身の目でお確かめください。

お客様データでのサンプル作成も可能です。ぜひユーロポートまでお問合せください。

また、遠方の方や、まとまって時間をとるのが難しい方は、「オンラインデモンストレーション」も可能です。ご自宅や職場からパソコンひとつでデモンストレーションをご覧いただくことができ、気になる点もその場で質問ができるので、スムーズに機種検討が行うことができます。

 デモンストレーションのお申し込みはこちら

リース契約、補助金制度、税制優遇について

リース契約について

補助金

おすすめ記事

  • コンテンツバナー

  • ガーメントプリンター(DTG)のユーザーなら1度は感じる「前処理剤の塗布が面倒」「ナイロンに印刷したい」「ポケットや袖などにワンポイントで印刷したい」などのお悩みを一発で解決!DTFプリントについてご紹介いたします。

     詳細はこちら