お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

  • Roland
  • Mimaki
  • EPSON
  • brother
  • hp
  • RISO
  • GRAPHTEC
  • MUTOH
  • RICOH
  • GRAVOTECH
  • Mastermind
  • NEWMIND
  • diferro Calenders
  • リンテック株式会社
  • 桜井株式会社
  • 3M
  • 中川ケミカル
  • 東洋インキ
  • ニチエ株式会社
  • ORAFOL
  • AVERY DENNISON
  • chemica

導入事例

ユーロポートが選ばれるワケ

ウェアプリント初心者必見!Tシャツくんワイドでオリジナルプリントビジネスはじめの一歩

2022年07月07日

こんにちは、ものづくりに関わる商材を2万点以上扱う特殊プリント専門商社のユーロポートです!
今日は、Tシャツやバッグにオリジナルデザインを入れる「オリジナルプリントビジネス」を「なるべく低価格で」始めたい…そんな方に最適なプリント機材を紹介していきます。

今回紹介する「Tシャツくんワイド」は、こんな方にピッタリです!
・ウエアプリントビジネス初心者の方
・ものづくりやアパレルが好きな方
・1日に10枚~50枚程度の作成を想定している方
・ものづくりを楽しみながらひとつひとつ丁寧に作成していきたいとお考えの方

オリジナルグッズビジネスといってもさまざまな手法がございます。
今回ご紹介するのは「シルクプリント」と呼ばれるものです。

シルクプリントとは

シルクプリントとは、網戸のようなメッシュ素材(専門用語では「スクリーン」)にデザインの孔をあけ、インクをのせてスキージで刷るとプリントができる印刷手法です。

この手法は「同じデザインを何枚もつくる場合」にコストが抑えられるので古くからありながら今も人気なプリント手法です。

外注と内製の比較シミュレーションをしてみましょう!

さて、そんなシルクプリントですが数枚の場合は外注が安いという場合もあります。
簡単に外注シミュレーションで外注すべきか、内製すべきかを見ていきましょう!

  20枚の場合 一回の受注で
約1万6010円お得!
30枚の場合 一回の受注で
約2万510円お得!
50枚の場合 一回の受注で
約2万6000円お得!
Tシャツくん
ワイド

6,990円 @349

【内訳】
版代:990円 @50
アイテム代:6,000円 @300

9,990円 @333

【内訳】
版代:990円 @33
アイテム代:9,000円 @300

15,990円 @319

【内訳】
版代:990円 @20
アイテム代:15,000円 @300
外注(某R社)

23,000円 @1,150

【内訳】
版代:8,800円 @440
アイテム&加工代:
14,200円 @710

30,500円 @1,016

【内訳】
版代:8,800円 @293
アイテム&加工代:
21,700円 @723

42,515円 @850

【内訳】
版代:8,800円 @176
アイテム&加工代:
33,715円 @674
内製 項目 外注
外注に比べ大幅に安く済む コスト × 内製に比べ3倍ほど高くつく
好きな素材・位置・カラー・デザインで作れる/修正もスムーズに対応できる デザ
イン
× カラーの制限やプリント位置の
制限がある
短納期にも調節して対応できる
(即日仕上がりもOK )
スピ
ード
× 発注から一週間程度はかかる
受注生産にすると在庫のリスクはなし 在庫
管理
× 在庫として残るリスクがある
技術やノウハウが蓄積されて資産になる
ワークショップなどで集客や繋がりができる
人材 × 技術やノウハウは蓄積されない
慣れないと作成に
時間がかかる場合がある
作業
時間
オンラインで購入すると完結する
作業スペースが必要 × スペ
ース
作業が不要なのでスペースは不要

内製のほうが時間や作業スペースが必要になりますが、断然お得でした。
では、本題の「初心者の方ができるだけ低価格でオリジナルプリントビジネスを始める」という観点から今回ご紹介しますのは、エントリーモデルとして最適な「Tシャツくんワイド」です!

なぜ初心者におすすめなのかというと……

  • ①初期費用がかなり安い 印刷機+製版機 合わせて本体約16万円 (プレス機は除く)
  • ②使いやすい設計なので誰でもかんたんに制作ができる
  • ③省スペースではじめられる 長机1個分程度あればOK
  • ④ワイドは大きなサイズに対応!TシャツのLサイズにも最適!

このような理由から、さっそくTシャツくんについてご紹介していこうと思います。

Tシャツくんとは

Tシャツくんは、シルクプリントの版をつくる手軽な「製版機」です。

  • 作り方1
    原稿を用意します
    (プリントも手書きも可能)

  • 作り方2
    フレームにスクリーンを
    張ります

  • 作り方3
    原稿をセットし、
    露光します

  • 作り方4
    ブラシでこすると
    図柄が出てきます

  • 作り方5
    刷りたいものを用意します

  • 作り方6
    インクをのせます

  • 作り方7
    スキージを使って
    プリントします

  • 作り方8
    乾燥させてできあがり!

Tシャツくんはあらかじめ紫外線の光が当たる固まる特殊な薬品が塗られたスクリーン(感光乳剤)を使用しています。

Tシャツくんは3つのシリーズがあります。

Tシャツくん
ジュニアセット
Tシャツくんジュニア
Tシャツくん
ミドルセット
Tシャツくんセット
Tシャツくん
ワイドセット
Tシャツくん ワイド製版機
  • ①おうちプリントにおすすめのスターターセット「Tシャツくんミドル」
  • ②ワンポイントプリントに便利な小型サイズ「Tシャツくんジュニア」
  • ③より大きなデザインプリントに対応した「Tシャツくんワイド」

サイズ比較

ワイドがもっともおすすめな理由

  • ①初期費用が安い 印刷機+製版機 合わせて本体約16万円 (プレス機は除く)
  • ②誰でも使いやすい設計なのでかんたんに制作ができる
  • ③省スペースではじめられる 長机1個分程度
  • ④ワイドは大きなサイズに対応!TシャツLサイズもOK

まず、Tシャツくんワイドは「ワイド製版機 74,580円(税込)」「ワイド印刷機LL 84,480円(税込)」の2つで構成されています。
ワイド製版機は、シルクプリントの「版」をつくる部分、ワイド印刷機LLは安定してプリントできる作業台です。

①初期費用が安い 印刷機+製版機 合わせて本体約16万円 (プレス機は除く)

一番の理由がこちらです。
本格的なシルクスクリーンデジタル製版機の市場価格は、安くても100万円ほどです。
それに比べると、Tシャツくんワイド約7,5万円という価格は、約92%OFFの価格でとてもリーズナブルです。
あまり価格が異なると不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、違いは「製版の工程」にあります。
本格的なシルクスクリーンデジタル製版機は約1分程度で製版が作成できますが、それに対してTシャツくんシリーズは、露光して版を作成する必要があるので、版の作成に10分程度は必要です。

つまり、版の作成に若干時間がかかるということですね。

版を作成するスピードに差はあるものの、アパレルが好き・ものづくりを楽しみながらオリジナルグッズを楽しみたいというユーザーや、月に100枚程度を作成を検討しているユーザー、趣味の延長で作りたいユーザーには最適なモデルと言えます。

まずはTシャツくんワイドでプリントビジネスをスタートして、スピードよりハイクオリティな仕上がりを求める場合はランクアップ機種の購入を再度検討する方も多くいらっしゃいます。
ユーロポートでは、小型から大型の本格的なデジタル製版機(※1)も取り扱っておりますので、ステップアップのご相談も随時承っております。お気軽にご相談ください。

※1 本格的なデジタル製版機が気になる方はこちら

②ワイド印刷機LLを活用して作成が簡単

ワイド製版機は印刷機LLとセットで購入しましょう!
なぜなら、セットで使用することで”格段に”生産性とクオリティがぐっと上がるからです。

ワイド印刷機LLは安定してプリントできる作業台です。プリントTシャツを作る際には、位置合わせがとても重要になります。Tシャツにきれいにまっすぐ平行にプリントするのは初心者だとかなりコツがいります。
印刷機LLがあると、ガイド付きで位置合わせがしやすい工夫や、必要なものが全て揃っているのでスターターキットとしてとても優秀です。必ず一緒に使うことをおすすめします。

③省スペースで始められる 長い机が一つあればOK

ビジネスを始めたいけど、オフィスや工房がないと始められないと考えてはいませんか?
Tシャツくんワイドであれば、小さなスペースでオリジナルグッズビジネスが始められます。
少し長い机が1つあると完結する程度で作業ができます。お店の一角を作業スペースにしたり、自宅の一角をアトリエにするなどその程度の作業スペースでビジネスが始められるのです!
※インクを洗う作業があるので、水道などが近くにある方が好ましいです。

④大きなデザインにも対応 付属品の購入で他サイズの製版もできます。

ここでいう”大きなデザイン”とは、LサイズのTシャツ作成を想定しています。
作成したいものにもよりますが、シルクは濃くはっきりとした色が出るので大きめのプリントがよく映えます。
ワイド製版機で作成できる推奨デザインは220×360mmです。

Tシャツくんワイド製版機の特徴について

ワイド製版機セット

●製版時間はかんたん設定ができるタイマー式
炊飯器のような要領で、レシピを選んで製版ができます。短くて30秒程度、長くて10分程度です。
使う紙によって透過率が異なるので、作成に使う際に紙選びは要チェックです。

●TシャツのLサイズも任せられる製版サイズ
フレームサイズ25x38cmで推奨のデザインサイズは220×360mmです。

●製版に必要なものがすでに入っててうれしい!
フレーム・マット・お試しスクリーン・スプレーのり・ハケ・ピンホール修正液が入っています。

●独自のワンタッチフレームでスクリーンへ張る作業も簡単
ねじを回すだけでスクリーンがピンと均等に張ることができます。
大人はもちろんお子様もできる安全設計なのでワークショップで活用することもできます。

●一度版を作れば何回も色を変えてプリントOK!
使い終わった版は目詰まり(インクが乾いてあな詰まりしてしまうこと)しないように水を含んだティッシュでふき取っておくと、別のインクで再利用もできます。
1つの版でいろいろなカラー展開を作成できるので低コストかつ環境にも優しいです。

Tシャツくんワイド印刷機LLの特徴について

ワイド印刷機セット

●初心者でも安定した印刷ができる
方法は、ハンガーパネルの穴をプリント台のピンに合わせるだけ!
しっかりと固定ができ、中央部分のガイドで位置合わせもしやすいので初心者の方にも使いやすい設計です。

●16kgという重さで安定固定工具レスでどこでもアトリエへ早変わり
一定の重量感があると安定しているので、刷る作業に力を入れても台が動くことなく安心して作業ができます。また、版の取り付けに工具なども不要なので手軽にすぐ作業ができる点も使いやすいです。

●最大プリントサイズ480×400mmで大きなサイズのプリントにも対応!
Tシャツくんはサイズ展開が3つありますが、ワイドだとLサイズのTシャツや大きめのデザインを作成したい時におすすめです。

●初心者に優しい設計で位置合わせがかんたん
プリント台がネジで前後に動くので、プリント位置にフレキシブルに対応可能!
フレームを固定する部分、クランプ部分、印刷台、それぞれ可動式になっており、プリントの微調整が可能なので色を変えた連続印刷も可能です。

●印刷後は、そのままハンガーパネルにかけて自然乾燥OK

刷る面は一つですが、ハンガーパネルというTシャツくん専用の刷り台にあらかじめTシャツをセットしておくことですぐに入れ替えることができるので作業効率がアップします!
印刷後は、熱圧着不要の「水性一般インク」であれば、画像のように置いて乾かすだけ!
多色印刷、大量作成もスムーズに行うことができます。

●印刷に必要なものが揃った充実のセット
本体の他にも刷るときに必要なハンガーパネルが5枚、インクやスキージなどはじめての作業に必要なものが全て揃っています。

●様々なフレームが挟めるので1台あると便利で頼もしい
「Tシャツくんワイド印刷機LL」は、Tシャツくんワイド・ミドル・ジュニアのフレームに対応しています。
ジュニアのフレームはとくに小さいので些細な平行のズレがより気になったりするので、いろいろなフレームを挟んで使うことができる汎用性の高さはとてもありがたいですね。
また、サイズ感があえば他社フレームにも活用ができるということです。
対応可能なサイズは「4cm未満のフレーム」です。気になる方はお気軽にこちらよりお問い合わせください。
※Tシャツくんシリーズは製版機に合わせて別途、オプション(フレーム、スキージ、マット、スクリーン)が必要となります

まとめ
オリジナルプリントビジネス まずは始めてみませんか!

いかがでしたか?
オリジナルプリントビジネスを「なるだけ低価格で」始めたいという希望をTシャツくんワイドなら叶えられます。
1枚当たりの原価300円のTシャツを3,000円で売ると、90%の利益が見込めます。約60枚販売すれば、16万円の初期費用は取り戻すことができるのですぐに黒字に転じそうですね。

今回ご紹介したシルクプリントは、同じデザインを大量に作成する場合などにおすすめなので、ウェアプリントはもちろん、短期間のポップアップやコラボイベント、店舗のノベルティ作成などに大活躍します。
また、1つ導入することで個人ブランドの開設や、オーダーメイドプリント屋さん、町おこしなどで活用している事例があります。ぜひ、Tシャツくんワイドで新しい取り組みを開始してみてはいかがでしょうか。
もちろん、購入後に使い方が分からないなどの購入後のご相談も承っておりますのでご安心ください。
購入前の機械の操作方法をオンラインで見るデモンストレーションやTシャツくんで作ったサンプルの送付などもできますのでお気軽にお問い合わせください。

似ている機種紹介

    • Tシャツくんセット
    • Tシャツくんミドル

      一番定番のTシャツくんです。製版の方法は同じですが作成できるサイズが異なります。
      Tシャツへのプリントに最適です。
    •  最大製版サイズ:220×220mm
    •  メーカー:ホリゾンインターナショナル
    •  税込価格:31,350円
    • 詳細はこちら
    • Tシャツくんジュニア
    • Tシャツくんジュニア

      ハガキなどの小さなプリントにおすすめです。
      フレームを複数購入して、学校での授業に活かす事例などがございます。
    •  最大製版サイズ:120×120mm
    •  メーカー:ホリゾンインターナショナル
    •  税込価格:15,180円
    • 詳細はこちら
    • MiScreen a4 マイスクリーン
    • MiScreen a4

      最大A4サイズのマスターが製版できる卓上サイズの小型デジタルスクリーン製版機
    •  最大製版サイズ:210×300mm
    •  メーカー:理想科学工業(RISO)
    •  税込価格:270,600円
    • 詳細はこちら
    • DesignJet Z9+PS
    • GOCCOPRO 100

      簡単操作で特別なスキルや経験が無くてもお気軽にスクリーン製版作製が可能
    •  最大製版サイズ:297×800mm
    •  メーカー:理想科学工業(RISO)
    •  税込価格:1,430,000円
    • 詳細はこちら