お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

【ニュースリリース】シルエットアルタプラス(Shilouette ALTA+)

2020年8月7日
ユーロポート株式会社

シルエットジャパンから3Dプリンター『アルタプラス』が新発売

シルエットジャパンから2020年8⽉7⽇に3Dプリンター『アルタプラス』が発表されました。ユーロポートは2020年8⽉20日より順次発送いたします。また販売開始までは予約販売を実施いたします。

3Dプリンターアルタプラスとは


3Dプリンターアルタプラスとは

■アルタではじめる3Dプリント

Silhouette ALTA PLUS(アルタプラス)は「ものづくりが好き」 な⼈であれば、誰でも簡単に⽴体物を造形することができる3Dプリンタです。
あなたのひらめきを形に。さらに幅広い創作をお楽しみください。

■どうやって⽴体にプリントするの︖

溶かしたプラスチックを薄くプリントします。
ALTA PLUS は FDM(熱溶解積層⽅式)という⽅法で、ひも状のPLA プラスチック樹脂(フィラメント)を溶かしながら積層することで、⽴体物を造形します。

3Dプリンタ説明

■どんなものが作れる?

対応フィラメントが18⾊ありますので、様々な⾊や質感が楽しめます。
Φ124mm×130mmで造形ができ、それ以上の⼤きなサイズも分割してプリントする事ができます。

■どんなものが作れる?

■標準付属3Dソフトウェア「silhouett 3D」

silhouett ALTA PLUS にはWindows&Macに対応した専⽤3Dソフトウェア「silhouette 3D」が標準付属しており、初⼼者でも簡単に3Dデータを作ることができます。シンプルながら、使いやすい機能が⼊っています。

aluta_plus

aluta_plus

3aluta_plus

対応可能なデータフォーマット

データ形式 説明
S3D silhouette 3D専用のネイティブデータ。
silhouette 3Dのプロジェクトデータは、このファイルで管理します。
STUDIO/STUDIO3 silhouette STUDIOカッティングデータ。
ライブラリやPCに保存するうえでの標準的な中間ファイル。
様々なCADやモデリングソフトウェアで読み込み、書き出しが可能。
ONJ フルカラー出力にも対応した3D中間ファイル。
様々なCADやモデリングソフトウェアで読み込み、書き出しが可能。
PNG/JPG 画像の保存形式。
Silhouette 3D では画像データを読み込み、3Dのデータに変換が可能。
SVG 汎用的なベクターデータ。
Illustrator等で書き出し、3Dのデータに変換が可能。

製品仕様

方式 デルタタイプ熱溶解積層方式
造形サイズ 直径124mm x 130mm
対応データフォーマット s3d ( Silhouette 3D 形式)
.studio3 / .studio ( Silhouette STUDIO 形式)
.stl / .obj / .png / .jpg / .svg
対応OS Windows 8.1以降 (64bit) ※32bit版は後日対応予定
Mac ※後日対応予定
本体サイズ 251(W)×229(D)×476(H)mm
インターフェイス USB 2.0 (High speed)
付属品 AC アダプタ、電源ケーブル、USB ケーブル
フィラメント(白、約60g) スプール・フィードチューブ
プラットフォーム、プラットフォームテープ、六角レンチ
クリーナースティック、クリーナーピン
ヘラ、鍵、クイックスタートガイド
保証書
Webダウンロード デザインソフトウェア Silhouette 3D
ユーザーマニュアル、フリーコンテンツ
Silhouette Design Store 1ヶ月のトライアルサブスクリプション
(製品登録が必要です。) 

商品一覧

    • シルエットアルタ
    • シルエットアルタプラス

      家庭用のホビー向け3Dプリンタです。卓上におけるコンパクトなサイズで、使い方もシンプル。アイデア次第で、使い方は無限大!
    • 最大造形サイズ:124×130mm
    • メーカー:グラフテック
    • 詳細はこちら