お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

小型カッティングマシン silhouette CAMEO3(シルエットカメオ3)

小型カッティングマシン silhouette CAMEO3(シルエットカメオ3)

  • 最近ではオリジナルグッズを自作してSNSに投稿したり、
    フリマアプリで販売したりしているのをよく目にします。
  • そんな中「自分も作ってみたい!」と考えている方に朗報です!!!ヽ(o'∀`o)ノ
    今回の特集は、気軽に絵や文字などのデータをカットできる機械
    小型カッティングマシン『silhouette CAMEO3』をご紹介いたします!
  • さぁ突撃突撃~!!!

目次
1.小型カッティングマシン シルエットカメオ3
2.シルエットスタジオでカットデータ作成
3.画像データからカットデータ作成
4.インクと可食シート
5.実際にアイロンシートをカットしてみた
6.プリント&カットしてみた
7.イラストレーターからカットしてみた
8.おわりに

1.小型カッティングマシン シルエットカメオ3

  • そもそもカッティングマシンとは、自分で作成した文字やデザインのデータを
    付属のペン型カッターでカットする機械です。
  • 自動車やバイク、窓、看板、ウィンドウディスプレイ等のサイン関係には
    『カッティング用ステッカーシート』
  • オリジナルTシャツやキャップ、ユニフォーム等アパレル関係には
    『アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)』
  • 紙をカットすることもできるのでカッティングマシン1台あれば様々なものを作ることができます!
  • ※機械によっては紙のカットに向かない機種もあります。
    その中でも比較的リーズナブルで持ち運びに便利なのが小型カッティングマシン!
    ユーロポートで扱っている小型カッティングマシンは4種類ありますが、
    今回はその中でもCAMEO3に焦点を絞って見ていきましょう!
  • グラフテック小型カッティングマシン
    silhouette CAMEO3(シルエットカメオ3)
  • ■最大作成可能サイズ(幅×長さ):295×1,016mm
    ■対応シートサイズ(幅):12inch(304.8mm)/ レターサイズ(215.9mm)/ A4(210mm)
    ■本体寸法:570(W)×221(D)×136.4(H)mm
    ■重量:4kg
    ■1年保証
    ■ソフトウェア「silhouette Studio」付属
    ■対応OS
    Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
    Macintosh OS X 10.6.8 ~ 10.11(Intel Macのみ対応)
  • シルエットカメオ3の特徴は、通常カットだけではなくトンボマークを読みこんで
    カットすることが可能なところです♪
    これにより、プリントしたものを読み込んで正確にカットすることができます!
    また、データをUSBメモリに保存すればPCに接続しなくても、カッティングが可能です。
  • 今回はカメオ3の付属ソフト「シルエットスタジオ」を使って、カットデータの作り方と
    そのデータを使ってカットをしていきたいと思います!

▲目次に戻る


こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。

メールアドレス:
パスワード:

※会員登録(無料)はこちら
会員登録をする