お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

  • Roland
  • Mimaki
  • EPSON
  • brother
  • hp
  • RISO
  • GRAPHTEC
  • MUTOH
  • RICOH
  • GRAVOTECH
  • Mastermind
  • NEWMIND
  • diferro Calenders
  • リンテック株式会社
  • 桜井株式会社
  • 3M
  • 中川ケミカル
  • 東洋インキ
  • ニチエ株式会社
  • ORAFOL
  • AVERY DENNISON
  • chemica

導入事例

ユーロポートが選ばれるワケ

刺しゅうミシン PR1050X(番外編)

刺しゅうミシン(番外編)

  • こんにちは、古川です!
    10回と11回の2回に渡り、たっぷりご紹介してきた刺しゅう。
    過去最大のボリュームでお届けしてきましたが、いよいよこの番外編をもってクライマックス。
    とはいっても今回は「刺しゅうPRO」を使用して刺しゅう用データを作成する方法のご紹介です。
    おまけのようなものですので、肩の力を抜いてお読みください~

目次
1.文字データをつくってみよう
2.画像を刺しゅうデータにする
3.イラストレータのデータを変換する
4.インクと可食シート
5.おわりに

1.文字データをつくってみよう

  • さてこちらが刺しゅうPROの起動後の画面。MicrosoftWordとよく似ています。
  • 白いアートボードに刺しゅうのデータを配置していくのですが、まずは使用する刺しゅう枠のサイズに
    合わせてアートボードのサイズを変更しましょう。
  • 枠サイズという箇所で、刺しゅうする枠のサイズを指定します。
  • サイズが決まったら「A」と書いてある文字ツールで任意の文字を入力します。
    文字はお使いのPCの中に入っている文字なら使うことができます。
  • もちろん日本語入力もOK
  • 個別で文字を大きくしたり移動したり、変形したりもできます。
    糸の色や縫い方を決めておしまいです。簡単ですね^^

▲目次に戻る


こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。
>> お得な会員登録のご案内

メールアドレス:
パスワード:

※会員登録(無料)はこちら
会員登録をする