プリントシステムのオールインワン!
機械・材料・素材 すべておまかせください

  • Twitter
  • Facebook
  • アメブロ
  • Youtube

お問い合わせ

  • 【営業時間】9:30~18:00
  • 【定休日】土・日・祝日

 システムから探す


レーザー加工機でどうやってカットと彫刻をするの?

レーザー加工機


紙から木材、アクリルや金属まで様々な素材を、カット・彫刻・マーキングができるレーザー加工機をご存知ですか?

これまでは業務用としてあまり表に出てくることのなかったレーザー加工機ですが、簡単&自由にオリジナルアイテムが作れることが注目を集め、今ではカフェや雑貨屋さんで導入しているお店もあり、簡単に体験ができる身近な機械になってきました。

今回はそんなレーザー加工機をピックアップ!
レーザー加工機ってなに?どうやって加工するの?といった疑問にお答えします!


目次
1.レーザー加工機とは
2.導入コストを抑えてレーザービジネスや内製化をするならHAJIME
(1)MDFボード(木材)をカットしてオリジナルドアサインを作ってみる
(2)アクリル板を彫刻&カット加工して記念盾を作ってみる
3.より高度なレーザービジネスをするならEPILOG MINI
(1)MDFボード(木材)をカットしてオリジナルドアサインを作ってみる
(2)アクリル板を彫刻&カット加工して記念盾を作ってみる
4.レーザー加工機は用途に合わせて選ぶことが大切
5.レーザー加工機でこんなものも作れます
6.おわりに

レーザー加工機とは


レーザー加工機とはレーザー光を使用して、あらゆる素材の切断・彫刻・マーキングが可能な工作機器です。
カッティングプロッターのように刃物で切るのではなく、加工する素材に接触せずに加工するので手作業では難しい細かいデザインの加工が可能で、レーザーカッター・レーザー彫刻機とも呼ばれています。

また、従来では加工不可能だった素材への加工が可能で、機種や搭載ワット数によって変わりますが、アクリルなどの樹脂素材や木材、紙、革、繊維や布、金属など様々な素材の彫刻、切断加工が可能です。

そのため、導入している業界も様々で印章業や印刷業のみならず、他のシステムと組み合わせてアクリルキーホルダーなどの雑貨の製造や、刺しゅうワッペンのカットに使用されていたりもします。また、デザインデータからの直接加工が可能なので記念品や名入れなどのオーダーグッズの作成にも多く利用されています。

それでは、そんなレーザー加工機を使って実際に加工してみましょう。
今回は現在、レーザー加工機で最も多く使われているCO2(炭酸ガス)レーザー加工機の2機種を使って、最も基本的な木材とアクリルの彫刻とカットを中心に挑戦していきたいと思います!



▲目次に戻る


こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。

メールアドレス:
パスワード:
※パスワードを
忘れた方はこちら

会員登録をする


ようこそ!

ゲスト 様

期間限定!今なら
3万円1万円(税抜)以上の
お買い物で
送料無料!
15時までのご注文で
在庫商品が当日発送

  
 ショッピングはこちら
楽天市場店
Yahoo!ストア店
amazon店
 お知らせ
展示会情報

 カレンダー

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
2020年1月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

※赤字は休業日です

【営業時間】9:30~18:00
【定休日】土・日・祝日
 Recruit

商品代金 税別1万円以上のお買い上げで送料無料!