お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

真空プレス機(昇華プリント用)

マグカップやiPhoneケースなど立体的なものへのプリントに最適なプレス機

その名の通り真空・高熱によって特殊な形状の素材に昇華転写ができるプレス機です。
たとえばiPhoneケースなども通常のプレス機だと前面にしかプリントができませんが、
真空プレス機だと側面までのプリントが可能に。
平面プレス機がフライパンなら、真空プレス機はオーブンのようなもの。

今回そんな真空プレス機・パシェルの実態を余すことなくご紹介!
これであなたも真空プレス機マスターになれるかも?!

【目次
1.パシェルの構造
2.パシェルで転写できるもの
3.昇華転写と昇華転写紙
4.実際につくってみた その1~iPhoneケース~
5.実際につくってみた その2~ロックフォト~
6.実際につくってみた その3~フォトクリスタル(ハート)~
7.実際につくってみた その4~テーパーマグカップ~
8.おわりに

minomawari_03
わたしたちの身のまわりには様々なプリントによって作られたものがあふれています。
昇華プリントもそのひとつ。

昇華プリントは、昇華プリンターで印刷した写真や絵などを転写することのできる印刷技術です。
昇華インクを使うと、ポリエステルでつくられた布・Tシャツ・ポロシャツ等をはじめ、
ポリエステル樹脂をプレコートしたマグカップや、陶器・タイル・ガラスなどに
転写することができます。

syoka
このような布物などの平らなものは平面プレス機で転写ができるもの。

こちらがその平面プレス機。


heravles

でも分厚い素材などは転写はむずかしい・・・

どうせならもっと変わった形状のものにも転写したい・・・
そんな時こそ真空プレス機の出番です!
真空プレス機ならプリントできる素材の幅が広がるので、これから本格的に昇華転写で事業をはじめるなら一台は持っておきたいプレス機です♪

さて、次からパシェルの真の姿をお見せしましょう!

1.パシェルの構造

さてこちらが今回ご紹介のユーロポートオリジナル真空プレス機・パシェルです。
pashell_001

サイズとしては家庭用のA4サイズ対応のインクジェットプリンターを思い浮かべてみましょう。
・・・なるほどわからん。

ではA4サイズのユーロポートのカタログとくらべてみましょう。
pashell_002
どうでしょう?大きさのイメージできました?

「プレス機」という単語から大きなイメージをしてしまいそうですが意外とコンパクト。
机の上において作業ができます。

せっかくなので中身を見てみましょう。
pashell_003
中に見える半透明の膜のようなものがついた台座がバキュームテーブルです。

pashell_011
この半透明の膜のようなものは薄いシリコンです。

さらに
pashell_030
下ゴテ部分がみえてきました。

バキュームテーブルを使うのはタイルやiPhoneケース、フォトフレームなどのとき。
マグカップを転写する際は使用しません。

なのでバキュームテーブルはマグカップの転写の際は外しちゃいます。
pashell_035
バキュームテーブルを外したとき一緒に魚が焼けそうなグリル網のようなものも外します。

pashell_kozo_03
以上、今暴かれるパシェルの内部構造!でした。
意外とシンプルですね。

パシェルの操作方法
setumei

tensya

真空プレス機・パシェルは一度に複数の素材の転写が可能です。
たとえばマグカップなら半周転写も一周転写も、最大4個までキレイに印刷可能です。
マグカップ用のプレス機もありますが大量に転写する際は便利です。

▲目次に戻る


こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。

メールアドレス:
パスワード:

※会員登録(無料)はこちら
会員登録をする