お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

ラインストーン

アクセサリーやネイル、ファッション・ブライダル業界を中心に装飾として幅広く使用されているラインストーン

  • アクセサリーやネイル、ファッション・ブライダル業界を中心に装飾として
    幅広く使用されているラインストーン。
    クリスタルガラスを使用し、その高い光度からダイヤモンドの代用として人気を集めてきました。
  • ラインストーンのラインは「RHINE」。
    ライン川に由来しているってご存知でしたか?(わたしは知りませんでした)
    もちろん、ユーロポートの定番商品にもラインナップ(ラインストーンだけに)
  • 豊富な色数と独自製法で圧倒的輝きを放つ『スワロフスキー社製クリスタルエレメンツ』
    クリスタルガラスはもちろん、形状や質感など様々種類の『ユーロポートオリジナルラインストーン』
    豊富なバリエーションで様々な用途に使用でき、オリジナルグッズやサインにも
    付加価値をつけることができます。
  • 今回はそのラインストーンを使ったオリジナルステッカー作製の方法を特集。
    ユーロポートのステッカー作製のノウハウを生かしたラインストーンステッカーを
    看板・車などあらゆる場所に。
    「貼るアクセサリー」としても注目です。

目次
1.ユーロポートのラインストーン
2.ラインストーンステッカー
3.ラインストーンの基本的な作り方
4.インクと可食シート
5.実際に作ってみた ~ボディダイレクトジュエリー~
6.アイロンプリントでラインストーン
7.おわりに

1.ユーロポートのラインストーン

  • ユーロポートのラインストーンはすべて布地にアイロン接着が可能。
    特殊な接着剤により120度~170度の温度で布地にしっかりと固定することが出来ます。
  • 取り扱っているラインストーンはすべてクリスタルガラス製。
    水晶のような透明感と輝きで、アクセサリーやウェアの装飾にぴったり。
    中でも独自の製法でカットされたスワロフスキー社製のものはダイヤモンドのような輝きで、
    アクセサリーにも人気のラインストーンです。
  • その他オリジナルブランドとして金属製のスタッズなど質感・形状ともに豊富に揃い、
    使い方次第で他にはない表現ができます。
  • ラインストーンはアクセサリーや被服の装飾に主に使用されていますが、
    もちろんそれだけではありません。
    ネイルアートやメイク・メッセージカード・車・看板などあらゆる場所に使用されています。
    普段生活している中で、意外なところにラインストーンが使われているかも知れません。
    複雑なデザインで配置されたラインストーンはどうやって作られているのか??
    その謎に迫ってみましょう!

▲目次に戻る


こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。

メールアドレス:
パスワード:

※会員登録(無料)はこちら
会員登録をする