お問い合わせ
閉じる

取り扱いメーカー

  • Roland
  • Mimaki
  • EPSON
  • brother
  • hp
  • RISO
  • GRAPHTEC
  • MUTOH
  • RICOH
  • GRAVOTECH
  • Mastermind
  • NEWMIND
  • diferro Calenders
  • リンテック株式会社
  • 桜井株式会社
  • 3M
  • 中川ケミカル
  • 東洋インキ
  • ニチエ株式会社
  • ORAFOL
  • AVERY DENNISON
  • chemica

導入事例

ユーロポートが選ばれるワケ

さっと圧着!様々な素材に!万能アイロンプリントシートRMM&EIMM

2020年07月20日

Tシャツに好きなデザインをプリントして、オリジナルTシャツを作りたい!
そんな時に出てくるプリント方法の1つがアイロンプリントです。

アイロンプリントとは、カットや印刷をしたアイロンプリントシートをアイロンの熱で生地に圧着することできるプリント方法です。

個人でもハンドメイドとしてアイロンプリントを行っている方もいらっしゃることから、
多くの人が『生地にプリント』と聞いた時、一番最初に思い浮かぶのがこのアイロンプリントです。

また、ウェアプリント業界でもメディアが対応していれば水性、溶剤、ラテックスなど様々なインクジェットプリンターで印刷することができるため、多くの方が使っている人気のプリント方法でもあります。

しかし、いざアイロンプリントを始めてみようと考えたときに、
アイロンプリントシートの種類が多く、自分に合ったアイロンシートって結局なんなの?!
と悩んでしまう方も多いのではないしょうか?

今回は多種多様なアイロンプリントシートの中でも、
ユーロポートが厳選した万能シート艶消しマルチRMMとホワイトマルチEIMMについてご紹介いたします!

目次
1. カッティング用シートRMMと印刷メディアEIMM
2. 艶消しマルチRMMについて
3. 効率的にTシャツ作成!綿への圧着
4. 細かいカットもカス取りラクラク
5. 重ね貼りで多色のアイロンプリント
6. ホワイトマルチEIMMについて
7. 高画質で素早く印刷!Tシャツプリント
8. いろいろな素材に圧着してみた
9. おわりに

カッティング用シートRMMと印刷メディアEIMM

今回は様々な種類のアイロンプリントシートの中から汎用性使いやすさ効率の3点にスポットを当てて、ユーロポートで扱うシートからカッティング用アイロンプリントシートと印刷用アイロンプリントメディアの2種類を厳選しました!

まずは、カッティング用アイロンプリントシートと印刷用アイロンプリントメディアの違いについてご紹介しましょう!

カッティング用のアイロンプリントシートとは

はじめにご紹介するのはカッティング用のアイロンプリントシートです。

カッティング用シートとは元から色やデザインがついているシートのことで、
文字やオリジナルのデザインを切り出して生地に圧着します。
シートに印刷することはできませんが、艶やラメ入り、メタリック、蓄光、フロッキーなど質感のあるシートもあるので印刷では難しい表現のプリントを行うことができます。

カッティングでのアイロンプリントは、デザインや文字を切るカッティングマシンと圧着するためのアイロンプレス機が必要です。

カッティングマシンは個人用の小型機もあり個人の方にも多く使用されています。
しかし、本格的にカッティングでのアイロンプリントを行う際は、より高性能で広い幅に対応した業務用のカッティングマシンを使用することで、高品質で効率的なプリントを行うことができます。

今回のカッティング用アイロンシートに対応したカッティングマシンはおよそ20~30万程度なので、
これからプリント事業をはじめたい方にとっても比較的始めやすいプリント方法ではないでしょうか?

印刷用アイロンプリントメディアとは

続いてご紹介するのは、印刷のできるアイロンプリントメディアです。

カッティング用のアイロンプリントシートとは違い、
無地のメディアにインクジェットプリンターでデザインを印刷して使用します。

今回は印刷用メディアの中でも水性プリンター、トナープリンターよりも強い耐久性があり、本格的なプリントを行いたい方にお勧めな溶剤、ラテックスプリンターに対応したメディアを使用します。

メディアにプリントした後はデザインに沿ってカットをするため、
カッティング機能がついているインクジェットプリンター、またはインクジェットプリンターと別にカッティングマシンが必要になります。

今回使用するシートに対応した溶剤プリンターはおよそ100~200万程度で、
カッティングマシンよりも高額ではありますが、フルカラーで高画質な印刷ができるので制作物の幅がぐっと広がります。

また、カットしたアイロンプリントメディアを綺麗に衣類へ移動させるためにはアプリケーションシートが必要になります。

アプリケーションシートは自分で貼ることも可能ですが、
ラミネーターを使うことでより簡単、きれいに作業することができます。

2つのプリント方法について違いを説明したところで、実際に2つのシート・メディアについてご紹介していきましょう!

艶消しマルチRMMについて

誰でも始めやすいカッティング用アイロンシートですが、その種類は一般的なカラーシートや特殊な質感のシートなど多岐にわたります。

その中でもご紹介する『艶消しマルチRMM』は使いやすいスタンダードな色から蛍光などの特別色31種類を取りそろえたカラーシートです。

その名の通り、綿だけでなくポリエステルやナイロンなど様々な素材に使用できる万能なシートで、綿素材であれば5秒で圧着できる効率的なシートでもあります。

もちろんプロの業務用として使えるので、
色移りせず剥がれにくいことを証明する洗濯堅牢度最高の5級を取得しています。

この他にも様々な『艶消しマルチRMM』の魅力をこれから実際にアイロンプリントしていきながらご説明していきましょう~!

こちらは会員限定記事です。
会員になると続きをお読みいただけます。
>> お得な会員登録のご案内

メールアドレス:
パスワード:

※会員登録(無料)はこちら
会員登録をする